オンラインカジノ

モンテカルロ法というシステムベットが存在します

これはモンテカルロ法を使用した際の最も一般的な流れです

この例では数列が、(1,2,3,4,5)から(3)になります。そして、数列に数字が1つしか残っていないので、ここがモンテカルロ法の勝ちポイントとなります。

モンテカルロ法には、それまでの損失を一度で取り戻すことができないというデメリットがあります。

今回の勝負は、勝率だけ見ると5勝13敗なので3分の1よりも勝率は悪いです。しかし振り返ってみると24ドルのプラスになっています。このように考えると、モンテカルロ法はカジノで有効なシステムベット法であるということが言えそうです。

モンテカルロ法も、マーチンゲール法も、どちらにも共通していることが「やめどきが重要」ということです。調子よく書けているときにゲームを切り上げていれば、プラス額はそのまま利益になりますが、調子に乗って続けていると、大きく負けてしまう可能性があります。ただしその負けてしまったときの損害額がモンテカルロ法とマーチンゲール法には大きな差があります。マーチンゲール法は、万が一、10連敗してしまうと最初が1ドルでも1000ドル以上の損失になります。しかし、モンテカルロ法であれば10連敗したとしてもトータルの損失は85ドルで済みます。そして、その後連勝を含めて、5分5分の勝負に持っていけば、いつかはプラスマイナスゼロに持っていくことができます。そのため、モンテカルロ法を利用することによって、大きく負けるということはないのです。そのため、負けたとしてもプレイヤーの記憶にも「運が良ければ勝てたやり方なら」のようにポジティブな印象残します。しかし、マーチンゲール法は負けた時のマイナス幅があまりにも大きく、「危険だ」とプレイヤーの記憶に残ります。そのため実際のプレイヤーが支持するのはモンテカルロ法なのです。

3倍配当のゲームでモンテカルロ法を使用して、数列が(1,2,3,4,5)となったとしましょう。

モンテカルロ法は、低リスクで損失を回収していくことを目的としたシステムベッテイングです。そのため、例え連勝したとしても、利益を大きく伸ばすことができません。

これはモンテカルロ法を使用した際の最も一般的な流れです。このようにモンテカルロ法では1サイクルが終了した時に、利益が出るようになっています。だたし、この例からもわかる通り、利益が出たとしてもその額は大きくありません。

モンテカルロ法の基本ルールは、横に並べた数字の左端と右端の合計をベットしていき、数字が0~1になったらセットが終了になり、最初から始めるというものです。
一般的には4ドルがスタートラインになり、セット終了が長引くほど大きな軍資金とプレイ時間が必要になります。

モンテカルロ法というシステムベットが存在します。このベット方法で、約120年前にある男性がモンテカルロにあるカジノを破産に追い込んだという、真偽のほどが定かではない噂が存在しますが、それほど効果のあるベッティングシステムだということが言えるでしょう。システムベットというと、まず真っ先に思いつくのが、マーチンゲール法ですが、このマーチンゲール法は多くのギャンブラーが、一度は苦い思いをしており、「マーチンゲール」という名前を聞くだけで苦笑いをする方もいるのではないでしょうか。そんな中にあって、モンテカルロ法は多くのギャンブラーから支持され、現在でも使用され続けています。それは一体なぜなのでしょうか。今回の記事ではその理由を検証してみたいと思います。

このシミュレーションでは10ゲーム目の終了時の数列が(7)となるので、ここで1サイクルが終了となります。通常モンテカルロ法では数列が1個または0個になった時に勝ちポイントとなり利益が出るようになっています。

ここではわかりやすいように数列(1,2,3)を使って解説します。モンテカルロ法では数列の両端の数字を足したものを賭け金として設定します。

カジノゲームでストレスを感じたくない、のんびりとゲームを楽しみたい、と言う方にモンテカルロ法は向いているでしょう。

なので実際のカジノでモンテカルロ法を使うには少々無理があります。

もちろんマーチンゲールは1回の勝利でプラスにもっていけるパワーがありますが、資金や賭け金上限の問題で破綻するリスクが大きいです。 そのため確実に利益を積み上げていく場合はモンテカルロ法がおすすめになります。

モンテカルロ法は、システムベッティングの中でも非常に有名な方法です。マーチンゲール法に次いで試したことがある人は多いのではないでしょうか。マーチンゲール法と比べるとリスクが少ないので比較的安全なシステムベットと言えるかもしれません。そこで今回は、実際にオンラインカジノでこのモンテカルロ法を使用してみましたので、その記録をお伝えしようと思います。