オンラインカジノ

バカラの特徴を簡単にまとめると 以下の通りです

そしてバカラにおいて損切りはかなり重要な要素になります

しかし、バカラは比較的勝敗がどちらかに連続する傾向にありますから、勝ち負け交互というのはあまり現実的でないかもしれません。

バカラ攻略のカギの1つが、波を読むことです。うまく波乗りできれば、一気に勝利を積み重ねて、利益を増やしていくことができます。逆に、波に乗れないままベットし続けた場合には、残念ながら資金は失われていくばかりです。

そしてバカラにおいて損切りはかなり重要な要素になります。なぜかといいますと、連勝も連敗も一定の確率で起こるようなものではありません。連勝の後に必ず連敗が来るとも限りませんし、連敗の後にまた連敗が来る可能性だって十分にあるのです。

だが、バカラの場合は、五分五分の勝負に賭けるゲームなので、意図的に連勝を狙うことが難しいんだ。

YUKIO先輩ってバカラで勝ったことあります?

バカラの特徴を簡単にまとめると、以下の通りです。

次は通常のバカラでの検証だ。

もし、バカラでマーチンゲール法を採用するならば、最初からプレイヤーに賭け続ける、もしくは6連敗まではバンカーに賭け、それ以降はプレイヤーに賭けるという手法が良いでしょう。

バカラには「罫線」という勝敗の記録方法によって、次の勝負の予想をすることが良く知られている。

バカラには、バカラに合った攻略法があるということですか?

じゃあ、今度は通常のバカラで配当が1.95倍でもモンテカルロ法が成立するのかを検証してみよう。

勝率50%と呼ばれるゲームには、ブラックジャック、バカラ、シックボー(大小)、ルーレットの「赤/黒」や「奇数/偶数」といった賭け方などがあげられますが、どれもハウスエッジによって勝率がもう少し落ち込みます。

先に連勝してから、後で連敗するというパターンの場合、ブラックジャックやルーレット同様、バカラでも損失が出てしまいます。

ココモ法は勝率3分の1(3倍配当)のゲームで使用する必勝法です。ルーレットの赤黒賭けや、ブラックジャックやバカラなどの勝率2分の1(2倍配当)のゲームには不向きです。