オンラインカジノ

ビットカジノで勝利金を稼ぐと税金(雑所得扱い)が発生します

ビットカジノのサポートは24時間対応なので安心です

ビットコイン専門のビットカジノは、ビットコインファンには扱いやすく人気の高いオンラインカジノです。

ならば、いくら税金を納めればいいのかということで、いくらの利益が出たのかを知ることが出来る支払調書をビットカジノの運営側に出してもらいます。なお確定申告をするのはあくまでも現金化したときであり、勝って仮想通貨を得たときではありません。

この記事では、ビットカジノで発生する税金の種類や確定申告方法について解説してきました。

ビットカジノのサポートは24時間対応なので安心です。

自分で記録を付けるのが面倒な方には、ビットカジノで支払調書について問い合わせる方法が一番の近道です。

ビットカジノのようなオンラインカジノでは、支払調書は運営に直接問い合わせれば書類が送付されることもあります。でも、問い合わせても常に対応してくれるとは限らないので、自分のアカウントでログインをした時に、確認できる入出金の履歴から自作するといった方法もあります。そういう事態に備えて、ビットカジノで遊ぶときにはこまめに入出金の記録をつけておいたほうがいいです。その際には手書きで作成してもいいですし、パソコンで打ち込んだものを印刷しても確定申告に使えます。

多くのオンラインカジノの勝利金に対する税金は一時所得という扱いですが、ビットカジノの税金は「雑所得扱い」になります。

ビットカジノの税金は雑所得扱いになることや勝利金に掛かる税金の条件について解説していきます。

ビットカジノで勝利金を稼ぐと税金(雑所得扱い)が発生します。

ビットカジノでは入金額だけでなく経費も計上し差し引けるということになります。

ビットカジノはビットコインで勝利金が支払われるので雑所得扱いとなり、税金の条件は年間20万円以上です。

ビットカジノは仮想通貨専門のオンラインカジノで、匿名性も高くスピーディーな入出金ができることが魅力です。匿名性が高いならば、勝っても黙っていれば税金を支払う必要はないと思うかもしれませんが、それは得策ではありません。ビットカジノに限らず仮想通貨を現金化して利益を確定する動きは、税務署が把握している可能性が高いからです。ゲームに勝って利益がでたときには、確定申告をして税金を納めるべきです。

ここまで、ビットカジノでビットコインを稼いだ勝利金に対する税金の計算方式を解説してきました。