オンラインカジノ

今回は エコペイズからの出金について解説します

今回は エコペイズからの出金について解説します

今回は、エコペイズからの出金について解説します。

Wire Pay (収納代行入金) は1番かんたんに入金できる入金サービスです。 エコペイズ (ecoPayz) が指定する日本国内の収納代行事業者の銀行口座に振りこむことで、エコペイズ (ecoPayz) に反映される入金方法です。手数料は5%かかりますが入金はかんたんです。

1番目の「ecoPayz(エコペイズ)の手数料」というのは、自分の銀行口座への出金にかかる手数料のことで、どの銀行に対してでも5.9~10ユーロかかります。今の為替レートを基に日本円で計算してみると、5.9ユーロは約750円・10ユーロは約1,300円です。各オンラインカジノからecoPayz(エコペイズ)を通じて国際銀行出金でお金を引き出す場合は、これらの手数料も必要だと覚えておきましょう。

エコペイズ (ecoPayz) の最低投入額と最大投入額が表示されますので「確定」ボタンをクリックします。

以上の3つがecoPayz(エコペイズ)で国際銀行出金をする時に必要な手数料です。海外からの送金扱いなので、高速ローカル出金に比べて結構たくさんあります。

エコペイズ (ecoPayz) メニューの3本線アイコンをクリックします。

エコペイズ (ecoPayz) では、数多くの入金方法を提供しています。

問題がなければ、エコペイズ (ecoPayz) に入金完了となります。

「国」を選んだら「交換先サービス」から「エコペイズ (ecoPayz)」アイコンをクリックします。

ベラジョンカジノで取得した配当金を出金するためには、主に4つの方法があります。「ecoPayz(エコペイズ)」・「iwallet(アイウォレット)」・「Venus Point(ヴィーナスポイント)」・「国内銀行送金」です。

画面に海外銀行口座が表示れますので、指定の銀行口座に海外送金してください。その際、エコペイズ (ecoPayz) でスムーズに入金処理ができるよう、必ず「10桁の照会番号」も記入してください。

ポケットチェンジはエコペイズ (ecoPayz) にもチャージできるでの、オンラインカジノやブックメーカーに入金したいひとも活用できます。

入金方法の選択画面で「国際銀行入金」を選択し「入金通貨」を選びます。 現在、エコペイズ (ecoPayz) ではギャンブル用途で利用しているアカウントの場合、「EUR(ユーロ)」と「GBP(イギリスポンド)」の通貨しか選べなくなっています。オンラインカジノの通貨が「EUR」のところも多いので、「EUR」に統一するのがオススメです。

三井住友SMBCダイレクトは、被仕向送金手数料が一律1,500円かかります。ecoPayz(エコペイズ)から円で送り、円で受け取った場合は円為替取扱手数料として送金額の1/20(0.05%・最低2,500円)がかかるので、円には替えずユーロのまま送金して円で受け取りましょう。

ここではローカル銀行からの入金、国際銀行振込、仮想通貨による各手続き方法と、ecopayz(エコペイズ)を利用したカジノの入出金について説明しています。