オンラインカジノ

エコペイズ 出金 ジャパンネット銀行

エコペイズ 出金 ジャパンネット銀行

エコバウチャーはエコペイズで直接購入するのではなく、リセラーサイトで購入します。エコバウチャー利用に、取引限度額はありませんが、エコペイズでの入金で最高で2.9%の手数料、さらには、エコバウチャー購入の際リセラー側で取引手数料を支払うことになります。

エコペイズを口座を閉鎖するには、カスタマーサポートに口座を解約する1か月前に問い合わせる必要があります。[email protected]へ口座を閉鎖したいとの旨とアカウント番号を伝えると、一か月後にアカウントが閉鎖されます。

今回は、その他の入出金方法とエコペイズを比較した上でどの決済方法がいいのか検証していきます。

エコペイズはオンラインカジノで利用するのに最適なオンライン決済サービスです。支払いや入金が即時に口座残高に反映されるため、「ちゃんと支払いがアカウントに反映されるか」などという心配がなく快適に利用することができます。

このページでは例として、エコペイズにジャパンネット銀行から10000円を送金します。送金額を入力したら、その下にチェックを入れて「続行」をクリックしてください。

エコバウチャー(ecoVoucher)での入金 エコバウチャーは、エコペイズの入金に使える、いわゆるプリペイドカードです。エコペイズに直接クレジットカードで入金できなくなってしまった今では、クレジットカードで購入できるエコバウチャーをエコペイズへクレジットカードで入金する手段として重宝されています。

WirePayでは、通貨と入金金額を選択すると、国内の振込先銀行口座が表示されます。入金金額は入金通貨に関係なく、日本円で表示されるので、通常の口座振り込みと至って変わりありません。銀行口座振込は通常朝振り込めば、翌日に届いている場合がほとんどです。 手数料は、自分の銀行の振込手数料と、エコペイズ側の5%がかかります。

ここに載せているエコペイズ側の手数料に加え、エコバウチャーの購入手数料や、銀行側の振込手数料が別途かかることがあるので注意が必要です。

一般的に、オンラインカジノでは入金方法と同じ方法で出金しなければいけないところがほとんどなので、エコペイズで獲得金を受け取りたい場合は、エコペイズを利用して入金することをおすすめします。

エコペイズ 、アイウォレットの2つを作成すれば、ほとんどのオンラインカジノの入出金で困ることはありません。

エコペイズは2018年8月以降、日本の顧客へのエコカード発行を停止しています。欧州経済領域に住む方は、公式サイトからカード発行の申請を行うことができます。

世界規模で展開しているエコペイズでは、45通貨に対応しており、自分の口座に複数の通貨アカウントを追加することができます。これによって、エコペイズの為替手数料(1.49~2.99%)なしで、他の通貨での入金を受け取ることができます。

オンラインカジノの入出金方法、電子決済サービスを比較する中で、やはり持つべきは「エコペイズ 」であることがわかっていただけたと思います。

クレジットカードで入金する場合は、出金口座としてエコペイズまたはヴィーナスポイントに登録しましょう。せっかく稼いでも引き出しができなければ意味がありません。

銀行振り込みでエコペイズ口座へ送金後、アカウントに入金金額が反映されていないため不安になっているユーザーの書き込みが多くみられました。大金を送金して口座に届かないかもしれないと不安になる気持ちはわかりますが、営業日5日以内には入金が完了し、早いときには数時間や数分で口座で入金の確認がとれます。