オンラインカジノ

ライトニングルーレットで使用されるスポットは全37スポット

ライトニングルーレットで使用されるスポットは全37スポット

ライトニングルーレットで使用されるスポットは全37スポット。

ルーレットはカジノの女王様と言われる、カジノでとても人気の高いカジノゲームです。

このコートシーベットは「インサイドベット」の類に入ります。ですので、これにベットした「インサイドベット」の合計がテーブル上に表示してある「インサイドベット」のミニマム以上であることをご確認下さい。通常、ディーラーがチップの金額がミニマムに達していることを確認しますが、ルーレットの場合、玉が既に廻っている時にプレイヤーがベットを置くため、ミニマムに達してない状態でも玉がルーレットホイールのある番号に落ちてしまう場合も多々あります。例えご自分で賭けた番号に玉が落ちたとしても、ミニマムのベット額に達してない場合は、勝ち分が無効となりますので、お気を付けください。

ルーレットをやめるときは、ルーレット専用チップに交換したときと同じタイミングで「カラー アップ プリーズ」と言って、カジノチップに交換してもらいます。 現金からカジノチップに交換する場合はテーブルでもできますが、カジノチップを現金にするときはキャッシャーで換金してもらいましょう。

コートシーベットは、0と00の両方があるアメリカン・ルーレットのみに使用されるカジノ用語です。よって、0しかないヨーロピアン・ルーレットでは、0と00の両方に賭けるラインベット自体が存在しませんので、コートシーベットはありませんね。

ライトニングルーレットで使用するホイールは1~37の数字で構成されるヨーロピアンタイプです。ホイール上でスピンされたボールが選ぶ数字を予想するという基本ルールは通常のルーレットと同じですが、ライトニングルーレットではベット後に「ライトニングラウンド」というラッキーナンバーがランダムで1~5個選ぶ演出があります。

「フレンチルーレット」はちょっと特殊なルーレットと言えるわけです。

ここまではルーレットの基本的な賭け方とその配当を紹介します。

ストレートベットで選んだ数字がラッキーナンバーとなれば、当たったときの配当が大きくなるのでここが通常のルーレットと異なる大きな特徴です。

ライトニングルーレットのスポット構成は通常のヨーロピアンルーレットと同じタイプです。
0が一つの、全37スポットで構成されております。

ライトニングルーレットにはチップを賭けてからホイールが回って結果が出るまでの間に「ライトニングラウンド」というものがあります。
このライトニングラウンドで選ばれた数字はラッキーナンバーとされ、ランダムで1~5個の数字が選ばれます。
選ばれた数字は、ストレートベット時の配当が50倍~500倍まで変動します。

基本の賭け方・遊び方に関しては通常のルーレットと同じですが、ライトニングラウンドなどの出現で異なる部分もあるので解説していきます。