オンラインカジノ

バーネット法は別名1326法と呼ばれます

バーネット法は別名1326法と呼ばれます

バーネット法のスタイルは、連勝時や勝利時に得た利益の一部を確保しながら勝負に挑むことです。連勝すればするほど、確保している利益が大きくなります。

バーネット法は別名1326法と呼ばれます。その名の通り、バーネット法では勝った時に賭け金を1ドル→3ドル→2ドル→6ドルと増やしていくシステムベッティングです。そして、一度賭け金が6ドルになったら、それ以上は賭け金を増やさずに同じ金額でゲームを続けます。ゲームで負けた場合は、バーネット法をリセットして、最初の賭け金に戻します。

負けるときの状況を解説するために勝ち負けを交互になったバーネット法の失敗例を載せています。

バーネット法は賭け金の比率は「1326」と決まっていますが、その比率通りであれば賭け金を大きくすることが可能です。

まず、バーネット法が使用できるのは、カジノゲームの中でも勝率が50%の2倍配当のゲームのみとなります。2倍配当のゲームにはルーレット(赤・黒、ハイ・ロー、奇数・偶数)、ブラックジャック、バカラなどが挙げられます。バーネット法は3倍配当のゲームや独立事象でないゲームでは効果を得られません。

バーネット法は連勝しないと利益が残らないので、連勝ができないような流れの悪いときは、別の手法を使うことも考えましょう。

そのため連勝せずに勝ち負けが交互になるときや負けるが続くときのために、バーネット法以外の手法を予め準備しておくことが非常に重要です。

バカラでどのように賭けたらいいのか迷っている方やリスクを抑えてプレイしたいという方は是非バーネット法を知ってください。

ただし、カジノで勝ってる人はバーネット法のように「勝ったらベット額を上げるんだ」と考えてる方が多いですね。

長期戦タイプのバーネット法を使用して確実に利益を出していきましょう。

ここでは、バーネット法を使ったシミュレーションをご紹介していきます。

そのため、連敗や連勝が続くような偏った勝負のときにバーネット法を利用すると大きな力を発揮します。

バカラで賭ける金額によく迷われる方は、バーネット法などの賭け金が予め決まっている手法はおすすめです。

続いてはバーネット法を使っても負けやすい人の特徴についてご紹介していきます。

そして、バーネット法の方がリスクも利益も少し大きくなるので、リスクが大きくなることが許容できて、利益を上がることを優先させたい方はバーネット法を活用してみてください。