オンラインカジノ

バーネット法はグッドマン法と似ているがその特徴は少し違う

バーネット法はグッドマン法と似ているがその特徴は少し違う

手堅くリスクを最低限に抑える守り型の必勝法がバーネット法です。

大きく負けない事が次回のカジノ旅行に影響をもたらすので、楽しむ事を前提にカジノでの大きな勝負は避け、ゲーム、雰囲気、その街を楽しむためにこの『バーネット法(1、3、2、6法)』のような手法は取り入れても良いだろう。

負けてしまっても損失額が急激に増えると言うことはなく、連勝さえしてしまえば利益を大きく出すことの出来るバーネット法!まさにリスクを抑えたハイリターンな投資法と呼ぶべきでしょう。

バーネット法のメリットは損失額のリスクが低く、連勝すると利益が増えるということです。
逆にバーネット法のデメリットとしては勝ち負けが交互になると不利になる、利益を出しにくいことです。
オンランカジノ初心者の方にも取り入れやすい攻略法なのでブラックジャック、バカラ、ルーレットなどがあるライブディーラーカジノ で実際に活用してみましょう。

バーネット法は損失を抑えつつ利益を生み出す守りのシステムベッティングです。そのため、利益が生じたとしてもごくわずかであり、大きく稼ぐには長時間ゲームをプレイしなければいけません。

バーネット法はその名の通り、賭け金を1→3→2→6と上げていきます。途中で負けるとリセットして最初に戻るので、勝つまで賭け金を上げるマーチンゲール法のように、資金がパンクするリスクも小さく、連勝時にはそれなりの利益も得られます。

バーネット法はグッドマン法と似ているがその特徴は少し違う。

また、2倍配当のゲームでは勝ち負けの確率は五分五分ですが、バーネット法では連勝しなければ大きな利益は見込めません。これにより、ゲームの流れによっては、利益がでないまま終わってしまうこともあります。

今回は、バーネット法(1326法)を徹底的に説明していきましたがこの攻略法の魅力は分かっていただけましたか?
バーネット法は、他の攻略法と比べると比較的にシンプルな戦略となりますね。しかし、それだけに詳しく解説されている攻略サイトも少なく魅力が伝わりにくい所が残念ではありました。ですので、この記事では魅力を知ってもらいたく、より詳しく解説をさせてもらいました!

カジノディーラー目線で見ても『バーネット法(1、3、2、6法)』は大きく勝つチャンスもあり、負けているときは賭け金が増えないため、リスクが少なく大きな損失はおさえられそうなので、ビギナーには向いているかもしれない。

バーネット法は別名1326法と呼ばれます。その名の通り、バーネット法では勝った時に賭け金を1ドル→3ドル→2ドル→6ドルと増やしていくシステムベッティングです。そして、一度賭け金が6ドルになったら、それ以上は賭け金を増やさずに同じ金額でゲームを続けます。ゲームで負けた場合は、バーネット法をリセットして、最初の賭け金に戻します。

バーネット法では1ゲーム目で勝った場合、2ゲーム目に払い戻された2単位+1単位を追加して賭けるシステムになっています。そこで負けた場合には、最初の1単位と追加の1単位、計2単位の損失が出ます。

バーネット法は、2連勝して利益が確定・イーブンになるシステムです。1勝1敗が続いたり、4回目での負けが続くと資金がジワジワと減り続けます。

ここでは、バーネット法の賭け方や注意点、応用した方法などを分かりやすく説明しますので、しっかりと理解してください。

防御力と攻撃力の両方をかねそなえているバランス型の攻略法、負けた場合の損失を抑えながら利益を上げていく戦略となっていますので、確実にコツコツ儲けを出すことが出来るでしょう。
バーネット法は長期戦に向いている攻略法となりますので、皆さんもぜひ、儲けを出して長くルーレットを楽しんでみてください!