オンラインカジノ

ココモ法は失敗ですね

ここではココモ法を実際に使用した時の例を紹介します

ココモ法は3倍配当のゲームでしか効果が得られませんが、モンテカルロ法は2倍配当のゲームと3倍配当のゲームで効果を得られます。

そこで、この1本道のココモ法をいくつかに分割するルーレット戦略を説明します。

テーブルリミットがミニマムベットの1,000倍となるテーブルでココモ法を実行するとなると、16回目までには当たりを出さなければなりません。そのためのルーレット戦略を説明します。

マーチンゲール法とココモ法は、共に1度の勝利でそれまでの損失額を回収できるという特徴があります。しかし、ココモ法は前回と前々回のゲームの賭け金の合計を次のゲームの賭け金に設定するのに対しマーチンゲール法では前回のゲームの賭け金の2倍を次のゲームで賭けます。それゆえ賭け金の上がり方に大きな違いがあります。

一方でココモ法では、1勝したタイミングで必ず利益が出るようになっています。そのため、確実に稼ぎたいのであれば、モンテカルロ法よりもココモ法の方が向いているといえます。

ココモ法は失敗ですね。実際に使うときのポイントと注意点をしっかり把握して、「8勝12敗」という点です。

ココモ法は、リスクを抑えつつも確実に利益を生み出すことができるシステムベッティングです。そのため、リスクは取りたくないけど、ある程度の利益も得たい、という人におすすめです。ココモ法はシステムベッティングの中でも、リターンとリスクのバランスのいい戦略です。そのため、カジノゲームを始めたばかりの初心者におすすめです。

ここではココモ法を実際に使用した時の例を紹介します。

もし33.3%よりも少ないところが次第に33.3%に近づき、逆に多いところは数字が減少して33.3%に近づいていれば、そのルーレット台は偏りが少ないと判断できます。それが確認できたら、%の数字が少ない場所を選んでベットすればよいでしょう。何セットかココモ法を実行しているうちに33.3%に近づいてきたら、ベットする場所を変えます。

【ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.88の検証】
今回はリクエストにお応えしてココモ法とパーレー法を組み合わせたシステムベットを検証します。
パーレー法の途中で負けた場合の損失をココモ法で取り戻すシステムベットです。
ココモ法は3倍のベットで使うことができ、1度でも勝つことができればそれまでの負けを取り戻し、且つ連敗数が多いほど大きな払い戻しを得ることができます。
パーレー法は2倍のベットで使うことができ、勝つと次回ベット額を2倍にすることで、連勝が続けば払戻しがどんどん大きくなります。

ココモ法を利用してより利益を得たいのであれば、2コラム2ダズンベット法と合わせるのがおすすめです。2コラム2ダズンベット法はココモ法の勝率の低さを補ってくれるので、高い勝率を維持しつつ高配当を狙えるようになります。

つまり大抵のルーレット台では、ココモ法は16回目で当たりが出なければ積み上がった損失は回収できなくなるということです。16回目の時点での賭け金の総額は2,583ドルです。つまりここで外れが出ると、2,583ドルの損失が確定します。

一方でココモ法では前回と前々回の賭け金の合計を次のゲームで賭けるだけなので、とてもシンプルです。そのため、初心者でも簡単に実践で使用できます。

ココモ法ではマーチンゲール法と同じように、前回のゲームで賭けた金額を元に、次のゲームの賭け金を決めていきます。

この記事では数学的にも証明されており、プロのギャンブラーも使用するシステムベッティング「ココモ法」について徹底解説。ココモ法の利点や欠点は勿論の事、最大連敗確率や損切りラインについても触れていきます。