オンラインカジノ

まず 31システムでは 紙に次のような数字を書いてください

『31システム』は9回のベットの中で2連勝を狙う手法です

「2連勝する」という前提条件があるものの、2連勝ならまだ現実的ですし、使いどころも非常に多い31システム投資法。

イーブンベットには「赤黒」と「奇数・偶数」、「ハイロー(前半・後半)」の3種類があります。31システムはそのいずれの賭けでも同じように機能する戦略なので、どれを選んでも構いません。

しかし31ユニットを利用したルーレット戦略では、複数のユニットを最初に用意しておきます。3つほどを用意すればよいかと思います。仮にそれぞれのユニットに、No1、No2、No3と名付けるとします。31システムのルーレット戦略が複数できるという具合です。

そこで31システムを利用した戦略では、優位性の高いほう(つまり出現率が少ないほう)にベットするようにします。

「31システムを利用したルーレット戦略」は、少ない資金でルーレットを始めようという方におすすめします。

31システムを利用したルーレット戦略は、優位性が見られるテーブルを探すことも頭に入れておきましょう。イーブンベットにおいて、賭けていたほうの優位性がなくなれば戦略は一旦中止します。そして同じオンラインカジノのルーレットで、別のテーブルをチェックします。その中で優位性が生じているテーブルがあれば、そこで中断していた31システムを利用したルーレット戦略を再開しましょう。

そこで31システムの攻略法として、連敗によるリスク分散を説明します。

まず、31システムでは、紙に次のような数字を書いてください。ベットはこの紙に書いた数字(もちろん紙ではなくスマートフォンなどでも大丈夫です)を参考に賭け金を決めます。

仮にすべて外れて終われば、31単位の損失で終わります。もし1単位を10ドルで賭けていたのなら、310ドルの損失というわけです。これが31システムのベット方法です。

『31システム』は9回のベットの中で2連勝を狙う手法です。そして2連勝出来ずに9回目のベットで負ければ31単位の損失でシステム失敗です。

このリスクの分散こそが、複数のユニットで31システムを運用する利点と言えます。

31システムを利用したルーレット戦略において、たとえば赤黒で赤が46%で黒が52%であれば、少なくとも赤のほうが黒よりも出やすい状況にあると言えます。ただし注意が必要なのは、赤が46%で黒が52%でも、赤のほうが黒よりも多く出る可能性が高くなるわけではないということです。

31システムとは、最大31単位のユニットでベットを行い、ユニット内で2連勝すれば利益が出る手法です。これを利用したオンラインカジノのルーレット戦略を説明します。是非、じっくり読んで勝ちに結び付けてくださいね。

そこで31システムを運用する中で、たとえば赤と黒の出目の割合を常にチェックするようにしましょう。これまで優位となっていた(つまり出現率が少なかった)ほうの優位性が薄れてきたら、一旦ベットを中止します。

31システムとは、ローリスク・ローリターンのカジノ必勝法です。