オンラインカジノ

ただココモ法も必勝法ではありません

ココモ法は4回中4回成功でした

6連敗、7連敗くらいなら当たり前のことなのでそれに耐えうる資金とココモ法を実践する時にはテーブルのベット上限は必ずチェックしましょう。

ココモ法はマーチンゲール法の変形とも呼ばれていて、1回の勝ちでそれまで負け続けていた損失額を全て取り返すことができる必勝法です。 「マーチンゲール」の名が付く必勝法は、カジノ好きの誰もが知る代表的な投 …

バカラは運のカジノゲームですが、BANKERに賭ける事で勝率が高くなると言われています。それに比べてTIEはハウスエッジ(カジノ側の取り分)がとても高いのでおすすめできない賭け方です。ですが!8倍配当の利点を生かしてココモ法を上手く使う事もできます。

精神衛生上も絶対にこちらの方が安定することでしょう。ただココモ法も必勝法ではありません。

ココモ法は非常に実践的な攻略法だと思います。

ココモ法はマーチンゲール法と比べ、勝ったときの利益が大きい必勝法です。
そして倍倍としていくマーチンゲール法より、資金の減り方は緩やかです。
でもそれは始めのうちだけで、極端に負けが続くと、マーチンゲール方法よりも多く賭けていかなければならないのですから損失もそれだけ増えていくということです。

13ゲーム目のベット金額は11ゲーム、12ゲームと2連敗していますのでココモ法を使います。前回と前々回のベット金額の和がベット金額になりますので2ドルを1st12にベットです。結果は20の黒2nd12でしたので配当はなしで2ドルの損失です。

ココモ法のメリット・デメリットをしっかりと理解して、ココモ法を使いこなせるようにしておきましょう。

オンラインカジノには他のギャンブルと同様に様々な必勝法や攻略法が挙げられています。
その中で今回は「ココモ法」について説明していきます。

ウィナーズ投資法は、マーチンゲール法・ココモ法・モンテカルロ法を代表とする増額投資法の1つです。

ココモ法は4回中4回成功でした。そして一番深い連敗は5連敗。

バカラで勝つ方法は?バカラは運のカジノゲームですが、BANKERに賭ける事で勝率が高くなると言われています。それに比べてTIEはハウスエッジ(カジノ側の取り分)がとても高いのでおすすめできない賭け方です。ですが!8倍配当の利点を生かしてココモ法を上手く使う事もできます。バカラのルールは難しいの?やり方は簡単?バカラのルールとやり方はとても簡単。カードの数え方とゲームの流れをつかめばそれでOK!3枚目のルールは手順を参考にしてみて!バカラ無料ゲームを利用して、バカラ ゲームに慣れたらリアルマネーで賞金を掴んじゃおう!バカラで一番強い数字は?一番強い数字は『9』です。カードの合計が9に近い方がバカラでは勝者となります。バカラは大金が稼げるの?バカラは高額賞金のイメージがあますが、もちろん賭け金にもよります。ラスベガスなどのハイローラーが何千万という賭け金を一瞬で賭けるため、バカラ=高配当というイメージがあるのかもしれません。もちろんハウスエッジが1.2%~1.4%と低く、プレイヤーに有利なカジノゲームなので、高配当を得るチャンスは十分にあります。バカラはライブカジノでも楽しめるの?もちろん楽しめます!ライブバカラ は日本人プレイヤーにも人気のカジノゲームです。バカラのルールや特徴として、短時間で勝負が決まる為、時間がない人でもすぐに賭けを終わらせる事ができます。少しだけディーラーと勝負を楽しみたいという人にもおすすめです。

ココモ法は負ければその分勝ったときの利益が大きくなる、というのが特徴です。
配当が3倍になるルーレットで遊んだとします。
先ほど同様、$1から始めた場合の利益を見てみましょう。
1回目$3、2回目$1、3回目$2、4回目$2、5回目$3、6回目$4、7回目$6、8回目$9、9回目$14、10回目$21
となります。
4回目までは利益がそこまでありませんが、5回以上連敗してから勝つと賭け金から何倍もの利益になります。
マーチンゲール法だと勝ってもここまでは伸びません。
このことから負ければ負けるほど利益が大きくなる、と言われている理由が分かると思います。
ですが、取り返せるからと言って負け続けていると損失が莫大に増えるので注意しましょう。

21ゲーム目から30ゲーム目までの10戦の成績をまとめたのが下の損益表です。10戦して2勝8敗でしたココモ法に2回成功して利益は21ドルまで積み上げました。この10戦では13ドルの利益でした。

「ココモ法は一回勝てば、それまでの負けを回収できる」
「負ければ負けるほど、利益が大きくなる」
と聞くと、回収できるまでいつまでも資金を注ぎ込んでしまいそうですよね。
一回勝った快感が忘れられなくて依存してしまいやすいのも事実です。
この回に負けたら次の賭け金がなくなる、となったときにそのゲームをやめにするか、ココモ法を使うのをやめるのがいいでしょう。
はじめから自分ルールを決めておくと、資金を注ぎ込みすぎるのを回避できます。