オンラインカジノ

これがモンテカルロ法だ

さて今回は このモンテカルロ法を地区の分割に応用してみる

ちなみに赤と黒に賭けるカラーベット(的中率約50%)のように、配当ば1倍の賭け方でもモンテカルロ法は使えますが、利益が出しにくいためオススメしません。

こういったベット戦略となるモンテカルロ法、マーチンゲール法は有効なのです。じゃぁ、なぜみんなこれで儲けないの?という疑問が浮上しますね。

さて今回は、このモンテカルロ法を地区の分割に応用してみる。「新宿区の地価公示は、地区の形状と規模の違いによって、地区ごとの平均価格の平均値がどのように変わるのか」を考える。

チャンピオンゲーム法は、モンテカルロ法や2in1法が改良された手法で、予選と決戦に分けて勝負を行う、まさにチャンピオンの名に相応しい必勝法です。 この記事では、チャンピオンゲーム法の実践に向けた賭け方 …

もちろんモンテカルロ法にも欠点があります。

モンテカルロ法のやり方は少し複雑なので、実践する前には必ずメモ帳やノートとペンなどを用意してください。

これに気がつかず、モンテカルロ法は必勝法だとトンチンカンなことをいう人がいる。

コインを投げる回数を増やすと、表の出る確率が2分の1に近づいていくことが分かる。これがモンテカルロ法だ。モンテカルロ法は、並列処理が必要な自然言語処理の分野や、実際に実験が難しい金融商品のリスク算出など様々な分野で使われている。

モンテカルロ法が使えるのは、1:1(2倍配当=ルーレットの赤黒、奇数偶数、バカラ、ブラックジャックなど)または1:2(3倍配当=ルーレットのコラム、ダースベットなど)のゲームで有効。

勝率2分の1(50%)の賭けでモンテカルロ法を使用する場合は、勝った場合の数列の数字の削除を2つずつではなく、1つずつ消すようにしましょう。次の表はモンテカルロ法を2倍配当の賭けに応用した流れです。

ちなみにモンテカルロ法とは、モナコ王国の地域の一つであるモンテカルロに存在するカジノを潰したと言われているくらい、かなり勝てる確率が高いシステムベットを言います。

モンテカルロ法で一番キツイのが長い連敗をして1回当たったとしても、さらに長い連敗が続く場合です。

これまで説明したモンテカルロ法の賭け方は、数列「1 2 3」を使用し、負けた時に直前に賭けたゲームの賭け金を数列の右端に記入、勝った時に数列の両端を2つずつ削除していく方法です。

潰したってのは大袈裟になってるんだろうけど、荒稼ぎしたって事ならあり得ます。ただ、このモンテカルロ法、必ず勝って終わるワケじゃありません。たまーに、勝敗の順序が悪いと少額を失ってしまう事もあります。ま、そうなったらまた最初からやり直して取り戻してくださいまし。

ここではモンテカルロ法(別名ラ・ブーシェール、キャンセレーション)を使ってギャンブルを継続した場合にどういった賭け金の設定と資金増減が進行していくかをシミュレーションできるようにシミュレーターを作りました。