オンラインカジノ

海外 現金 持ち出し カジノ

海外 現金 持ち出し カジノ

本資料は情報提供を目的としてSMBC信託銀行が海外赴任経験者へのインタビューをもとに作成した資料です。当行が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。

海外旅行や海外出張の際は、GLOBAL PASS®(多通貨Visaデビット一体型キャッシュカード)で手数料をかけずに口座の外貨をそのまま使うことができます。
家族カードを発行すれば、お子さまの海外留学などにもご利用いただけます。

マイナンバーの届出をしていなかったために、送金した資金が入金されずに現地の口座に戻ってしまったというケースもありますので、注意が必要です。なお、海外赴任時にマイナンバーが付番されていなかった場合も、住民登録時に手続きできますので、日本の役所あてに確認しましょう。

海外から送金などで資金を受領する場合、税務署から「国外送金等に関するお尋ね」という書面が送付されることがあります。確定申告の有無や取引の確認、書類提出を求められますが、そのような書面を受領した場合は、きちんと提出しましょう。

マイナンバーは住民票コードを基礎として作成されるため、日本国内に住民票を有する方(国籍問わず)に付番されます。海外に滞在されている方など、住民票がない場合にはマイナンバーは付番されません。海外にお住まいの方(=日本国内に住民票がない方)は、帰国して国内で住民票を作成した段階で付番対象となります。

最近は、口座にある外貨を海外のATMで現地通貨を引き出せたり、ショッピングにも使える多通貨対応デビットカードやプリペイドカードを提供している銀行もあります。この方法なら、現地の銀行口座を解約してしまっても、滞在していた国へ旅行する際などに、持ち帰った外貨を外貨のまま活用することができます。

海外カジノ(韓国を予定しています)へ例えば90万円持ち込んで3倍の270万円に勝って増えた場合に、過去の書き込みを見て韓国出国時にはカジノで貰った証明書で申告して問題無い事は分かったのですが、日本に帰国した時の税関申告で正直に現金を所持している事を申告して大丈夫でしょうか?
税務署へ通報されて後でお尋ねが来るなんて事にならないでしょうか?
カジノで大勝されて帰国された方など体験談をお持ちの方など節税にお詳しい方、教えて頂けたら幸いです。

海外大学院へ留学するお客さま向けに、一部「プレスティアゴールド」と同じ特典をご利用いただけるプログラムもご用意しています。

いざ帰国が決まると、仕事の引継ぎや海外引越しの手配、日本での家探し、子供の学校や保育園のことなど、準備に追われる毎日に。ついつい大事なお金のことが後回しになってしまいます。

海外から持ち帰ったせっかくの資金ですので、上手に活用できるよう、帰国して引越しなどが一段落したら、銀行に相談してみてはいかがでしょうか。

SMBC信託銀行プレスティアでは、これから海外赴任される方、帰国を予定されている方、すでに帰国した方に向けたさまざまな商品・サービスを提供しています。

海外への転出前にマイナンバーが付番されていた場合は、帰国による転入後も、転出前と同じマイナンバーを使用します。帰国後、住民登録と同時にマイナンバーカードの再交付申請をすることができます。

また、海外では一般的な共同名義口座(“ジョイントアカウント”と呼ばれることが多い)についても資金の原資がわかるよう、給与明細や支出等の書類は大切に保管しておきましょう。

海外赴任が長かった方は、赴任中に日本の金融制度や金融商品・サービスなどが変更となっている場合もあります。一度、確認しておくことをおすすめします。

また、近年増加しているのが相続の問題です。相続が発生して、亡くなった方の海外の銀行口座を解約するために、遺族が弁護士などに多額の費用を支払い、数年かけてやっと解約できたというケースもあります。「いつか使うかもしれない」と思って現地の銀行口座を維持していても、結局、帰国してから一度も使っていない方も少なくないようです。