オンラインカジノ

海外カジノ 税金

海外カジノ 税金

まずはオンラインカジノで楽しむこと!税金をのことで頭がいっぱいになり、オンラインカジノが遊べないというのはもったいないです。余計な事に気を取られず、カジノゲームを堪能して下さいね。

ここで疑問になるのが、税金の支払いが二重になるかどうかについてです。結論から言えば、二重で支払いをする必要はありません。現地の課税を受けた場合は、現地の税法により税金の徴収が行われるため、日本で納税の必要はありません。

IRビジネスグループでは、高い専門性と豊富な経験を有する海外メンバーファームと連携し、グローバルで蓄積したナレッジを活用したサービス提供を行います。海外及び国内での実績にもとづき、IRビジネスグループが提供するサービスを一覧にまとめています。

政策的には、かかる慣行を①否定し、認めない選択肢があると共に、②限定的に認めたり(例えば対一般顧客は禁止し、施行者のリスクでVIPのみを例外として認める場合等)、③不法行為となる第三者による高利貸付を除き、施行者による与信行為は原則これを認めたりするなどの選択肢がある。この場合、顧客は賭博に伴う負債(Gaming Debt)をもつことになるのだが、万が何時、顧客が支払わない場合、この負債を強制執行・取り立ての対象にすることを制度的に認めるのか否かという選択肢が生まれる。これを賭博負債の強制執行可能性(Enforceability of Gaming Debt)というのだが、実は国、地域によりこれは制度的に全くバラバラであって、カジノがあるなしには関係ないという事情もある(ちなみに米国でもこれは州次第で全くバラバラになり、賭博負債の強制取り立てができる州は限定される)。尚、我が国では民法の規定に基づき、公序良俗に反する金銭の貸付は無効となり、賭博行為は公序良俗に反すると考えられている以上、債務自体が存在しないということになる。関連する判例も多い(やくざから賭博の為に金を借りて、この支払を拒否しても、裁判では勝てることになる。もっとも命の保証はない)。2011年超党派議員連盟と法務省との議論では、正当行為として賭博が別途法律により認知されるのならば、当該行為に伴う債務に関しては、当然正当な債務となり、明文上の規定が無くとも、民法上の無効規定は適用されないとのことである。施行者にとり、資金を貸し付けても、取り立てることのできる制度的枠組みがない場合には、施行者は大きなリスクを抱えかねない。一方、海外VIP顧客に対しては、資金やチップの融通や何等かの形での与信の付与等の枠組みを提供しない限り、海外からこれらの来訪を期待することはできなくなる。この枠組みをどう措置するか次第で、国、市場によっては、これは致命的な問題になることもある。

このゴールデンウィークを海外で過ごしたという人も多いでしょう。なかでも近年人気なのが、ラスベガスやマカオなどの海外の高級カジノ。誰しも「カジノで億万長者になる!」なんて空想を抱き、ギャンブルに挑むのですが、大勝できるのはごく一部。

最もおすすめしたい税金対策としては勝ちすぎないという事です。ギャンブルをやる上では本末転倒な気もしますが、所得税の対策としては確実です。

このように、カジノの実際の運営は一部銀行業に近い、金銭等の短期的な貸し借りを含む側面があり、これをどう制度上位置づけ、既存の制度との整合性を図りながら規制の対象とするかは国によっても事情が異なってくる。カジノ・ハウスに金融機関と同様の厳格な規制を課す場合には、カジノ・ハウスの自由度は大きく削がれる可能性があるとともに、海外大口賭け金顧客(VIP)が資金のやり取りや、短期融通、精算等につき、利便性の高い仕組みを提供しない限り、そもそも海外VIPが寄り付かなくなってしまうリスクもある。如何なる規制を課すのか、あるいは既存の制度的枠組みの中で何が、どこまでできるのか次第では、実際のオペレーションも大きな制約を受けることになる。如何なる国でも、なんでも自由にできるわけではないことを理解する必要がある。

まず、海外のカジノで稼いだお金をなぜ日本で納税しなければいけないのか説明します。日本の課税制度は「全世界課税方式」を採用していて、日本の居住者は海外で稼いだお金を所得として申告し、日本に税金を払わなければなりません。

カジノとは、顧客に対してサービスを提供する業である以上、本来、カジノに来訪する顧客を差別化するべきではない。来訪する顧客は同等に、かつ公平に扱うことが本来の遊興施設としてのあるべき姿になる。勿論、営業的に、あるいは政策的に例外的な措置がとられることもある。例えば、施行者の営業・マーケッテイング戦略として、顧客層を差別化し、セグメント化することにより、営業的な対応を変えるアプローチである。高額賭け金VIP顧客は一般顧客と差別化し、特別な優遇や隔離されたサービス提供の対象となる。尚、政策的にこれを支援するか否かは、各国の事情により異なる。例えば海外から高額賭け金VIP顧客をカジノへと誘致することが重要な施策であるならば、制度としてこの部分の顧客から得られる収益に対するカジノ税率を軽減し、かかる顧客の集客を促す施策をとることが行われている。施行者にとっては税率が低い分魅力的でVIP顧客の売上を増やすインセンテイブが働き、為政者にとってみれば、税率を下げても、総売上が向上すれば、その分税収が増えるという算段になる。

新たに制度を設け、規制を創出し、施行を規制・監視し、法の執行を担うことは、行政当局にとりかなりの費用がかかる。ゲーミング・カジノに関する法制度を創出する目的の一つは新たな税源の創出であって、税金をこの為に支出することではない。よって、制度創出にかかる費用、また規制を担う社会的費用は全て施行収益から支出すべきとする考え方が欧米諸国では主流になる。税は税、税の一部が当該費用に割り当てられればよいとは考えず、税負担とは別に追加的に規制の費用を施行者に分担せしめる枠組みを考えることになる(我が国ではあまり例がないが、行政費用の分担金あるいは一種の負担金みたいな考え方になる。本来特権として認められた行為である以上、規制の費用はその主要受益者による負担で賄うべきとする発想でもあろう。さもなければ規制の費用は一般会計から税を原資として予算計上する必要がある)。

という計算式で算出されます。税額については「総合課税制度」というものが適用され、一時所得に2分の1をかけた金額を他の所得と合算して税金を計算します。

ただし、現地の徴収が行われるのは、スロットマシーンなどに限られるようで、ポーカー、バカラ、ブラックジャックで利益を得た場合は、ほとんど徴収されることはありません。また、現地で税金の徴収が行われた場合には、日本国内で税金を納める必要はありませんが、バカラなどで利益を得た(しかも現地にて課税されていない)場合には、日本で税金の申告が必要です。

税金対策は課せられる金額を抑えるだけでなく、支出管理をする事も重要です。会社から支給される給与に関しては、会社が代わりに計算してくれていますが、確定申告を自らする場合、支出を把握していなければ申告書を作成する事ができません。

いかがでしたか? 最後に「オンラインカジノは税金がかかる」ということだけは必ず覚えておくようにしましょう。

後者の場合、明確に現金によるリベートとなるが、これもカジノ・ハウスから顧客に対す金銭譲渡等とみなされたならば、例えばわが国では罰則的な課税行為が課されることになりかねない。キャッシュバックは顧客に対する金銭の譲渡というよりも、そもそもカジノは現金が商品でもあり、その原価の一部を顧客に割り引いて売るという感覚で行うものと想定される。税務会計上、これをどう処理するか、かかる行為をどう位置付けるかは大きな政策的選択肢になるが、抑制的な立場を取った場合には、アジアの富裕層を惹きつけることはまずできなくなる。アジア諸国の富裕層を対象にした効果的なマーケッテイングを実現するためには、わが国においても何等かの効果的な手法を持つ必要がある。一般的にコンプによる対顧客還元サービスは米国的な考えで、アジア(マカオ、シンガポール等)では顧客は、コンプではなく、キャッシュ・バックを志向するため、慣行としてもキャッシュ・バックが圧倒的に多い。富裕層を特定市場に惹きつける誘因はかかるキャッシュ・バックの率であり、カジノ・ハウスの裁量事項でもあるが、誘因を与えれば、確実に海外の富裕層を惹きつけることができよう。