オンラインカジノ

更新したいのですが 日本とアメリカの名前が違います

Q. アメリカで出生届を出してもいいですか

Q. アメリカで出生届を出してもいいですか。

トラベラーズチェックは本来小切手のような使い方をするものなのですが、ハワイやグアム、アメリカ本土以外では実はあまり使用できるお店はありません。例えばヨーロッパではそのままトラベラーズチェックを使用することのできる場所はあまりなく、一度換金・払い戻ししてから使うのが普通ですので、あまり利便性は高くないようです。

A. アメリカ国外で結婚した場合、アメリカ政府/大使館/領事館が結婚の証明書を発行することはできません。アメリカ人であっても、日本でご結婚された場合の証明は日本政府が発行したもののみになります。入国管理局の担当官に「自国の政府発行の結婚の証明」はないことをご説明ください。

Q. 長いことをパスポートを更新してません。更新したいのですが、日本とアメリカの名前が違います。どうすればいいですか。

A. アメリカ本国以外で生まれた米国籍者に発行される出生の証明書は「Consular Report of Birth Abroad(CRBA)」またはFS-240と呼ばれます。出生証明書の再発行や、複数枚必要な場合は、米国国務省に直接申請しなければなりません。必要書類など手続きの詳細は、米国国務省ウェブサイトでご確認いただけます。大使館・領事館では、出生証明書の記録を保管しませんので、再発行することが出来ません。

A. アメリカの法律により、二重国籍の有無に関わらず、アメリカ人は米国の出入国の際に米国のパスポートを使用しなければならないことになっています。2冊のパスポートの名前の相違に関して特に問題になることはないと認識しておりますが、渡米する際は必ず有効期限内の米国及び外国籍のパスポートを所持して頂くようお願いいたします。また、事前にご利用される航空会社にご相談していただくことをおすすめいたします。

A. アメリカの法律で、アメリカ国民(二重国籍の有無に関わらず)はアメリカのパスポートでアメリカに出入国することが定められています。あなたの二重国籍のお子様はESTA申請する必要はありませんので、申請しないでください。アメリカ-日本間を旅行される二重国籍の方は、日米両方の有効なパスポートが必要です。日本の出入国は日本のパスポートで、アメリカの出入国はアメリカのパスポートを使用してください。両国のパスポートを同時に提出する場面は、日本の航空カウンターのみです。

アメリカのパスポートと日本のパスポートの名前が違う場合は、アメリカの出生証明書もしくはアメリカ大使館/領事館発行のConsular Report of Birthと 戸籍謄本、両方の原本をお持ちください。

トラベラーズチェックの取り扱いは国によってさまざまですが、特に普及していたのはアメリカです。ハワイやグアムなどアメリカには日本人がよく訪れる観光地が多く、アメリカでは減少してきてはいるものの、トラベラーズチェックをそのまま使用できる場所が他の国と比較して多く残っています。

二重国籍の方でアメリカのパスポートと日本のパスポートの名前が違う場合は、アメリカの出生証明書もしくはアメリカ大使館/領事館発行のConsular Report of Birthと 戸籍謄本、両方の原本をお持ちください。

トラベラーズチェックは大手の銀行や郵便局、JTBなどの旅行代理店、VISAやJCBといったカード会社、さらにワールドカレンシーショップなどの両替所などで発行していました。ちなみにトラベラーズチェックの発行数が最大であったのは、アメリカンエキスプレスです。

A. アメリカの法律で、アメリカ国民(二重国籍の有無に関わらず)はアメリカのパスポートでアメリカに出入国することが定められています。アメリカ-日本間を旅行される二重国籍の方は、日米両方の有効なパスポートが必要です。日本の出入国は日本のパスポートで、アメリカの出入国はアメリカのパスポートを使用してください。二重国籍の方はESTA申請する必要はありませんので、申請しないでください。更にご質問がある場合は、航空会社へ直接お問合せください。

トラベラーズチェックをそのまま使用できない場合、現地で現金に両替しなくてはならないのですが、たとえばヨーロッパではこの時に両替手数料がかかってしまいます。しかしアメリカであれば、トラベラーズチェックを現金に両替するのに手数料がかかりませんので、他の国よりお得と言えます。
アメリカに旅行に行く予定があるのであれば、無理に日本で換金しない方がお得かもしれません。

Q. アメリカの配偶者ビザ/グリーンカード取得のために日本の結婚証明書を翻訳しました。公証を受ける必要はありますか。