オンラインカジノ

仁川空港では なんと乗り継ぎ客なら無料でシャワーが利用できます

開催時間やツアー詳細については 仁川空港公式サイトをご覧下さい

仁川空港では、なんと乗り継ぎ客なら無料でシャワーが利用できます。他の空港なら有料であるはずのシャワーも、無料で浴びられるというのは嬉しいですよね!営業時間は7:00~21:30。タオルは無料で貸してもらうことができ、ドライヤーも無料で使えます。シャワー室は鍵付きの個別ブースになっており、女性でも安心して使える清潔なシャワー室でした。

仁川空港からソウル市内までは、一番早く行ける空港鉄道A’REXの直通列車(特急)を利用して、片道約45分かかります。

ご存知の方も多いと思いますが、韓国、めっちゃ近いんですよ! 飛行機で約2時間ほど。パラダイスシティへは、仁川国際空港からだと、リニアモノレールで直結駅がありますし、無料の送迎バスやタクシーでなんと3分。金浦国際空港からタクシーで25分です。初めてお伺いしたのですが、この短時間で“非日常”をこれでもかと味わえて、ビックリです。

まず日本出発時の搭乗手続きでは、最終目的地までの搭乗券が発券されます。乗り継ぎ便の搭乗ゲートはこの時点で決まっている場合もあれば、決まっていないこともあります。仁川空港に着いたら、発着掲示板にて搭乗ゲートを必ず確認して下さい。

海外空港の乗り継ぎでは、受託手荷物について心配される方も多いかと思います。ほとんどの場合、受託手荷物は最終目的地まで運ばれるので、仁川空港で荷物を受け取ることはありません。異なるエアラインに乗り継ぐなど珍しいケースの場合は、搭乗手続きの際に地上係員に確認するといいでしょう。

進んで行くと、その途中にトランジットツアーデスクがあります。仁川空港では乗り継ぎ客を対象とした無料のトランジットツアーを催行しており、ここでパンフレットを貰って説明を聞くことができます。

珍しいケースではありますが、日本でのチェックイン時に乗り継ぎ便の搭乗券を発券してもらえない場合があります。私達が以前に経験したケースでは、最終目的地のハノイに台風が接近していたため運航か欠航かギリギリまで分からず、乗り継ぎ便の搭乗券を発券してもらえませんでした。仁川空港に着いたら乗り継ぎカウンターで、状況を確認してほしいとの指示が。こんなケースに遭遇したら、乗り継ぎカウンターでチェックイン手続きをし、搭乗券を発券してもらいましょう。

仁川空港利用案内のパンフレットも置いてあるので、何か困った時は立ち寄ってみるといいでしょう。

※開催時間やツアー詳細については、仁川空港公式サイトをご覧下さい。

ここでもう一度、発着掲示板にて乗り継ぎ便の搭乗ゲートを確認しておきます。直前になって搭乗ゲートが変更されることも珍しくありません。巨大な仁川空港では搭乗ゲートを間違えると引き返すのが大変なので、くれぐれも注意して下さいね。

韓国の首都ソウルの玄関口である仁川(インチョン)国際空港は、サービスの質や利便性の高さから、毎年行われる世界の空港ランキングで常に上位にランクインしている空港です。日本各地の空港から直行便が飛んでおり、地方在住者にとっては成田や関空で乗り継ぐような感覚で利用できるので、非常に使い勝手が良いのがポイントです。

ソウル市内まで出るほどの時間がない方は、仁川空港そばの雲西(ウンソ)エリアで食事・ショッピングを楽しむという方法もあります。空港鉄道A’REXの一般列車(各駅停車)に乗り、仁川空港から2つ目の雲西駅で下車します。仁川空港~雲西駅は10分弱でアクセスできるので、ちょっとした観光にはぴったりのところ。

仁川空港にはこれまで利用されていた第1ターミナルに加えて、2018年1月に新しく第2ターミナルがオープンしました。基本的にフラッグキャリア(正規航空会社)は第1ターミナルと第2ターミナルのいずれか、LCC(格安航空会社)は第1ターミナルと第2ターミナルの間にあるコンコース(サテライトターミナル)に発着します。利用する航空会社がどのターミナルに発着するのか、あらかじめ確認しておくといいでしょう。