オンラインカジノ

ラスベガスでも利用できるホテルが少なくなってきました

ラスベガスでも利用できるホテルが少なくなってきました

ラスベガス最初の夜、なかなか寝つけない場合には早速!夜のカジノゲームに挑戦してみましょう。

ラスベガスのカジノは昼も夜もとても賑やか!非日常の光景にスマホやカメラで写真を撮りたくなりますが、カジノ場を撮影する事は禁止されているので気をつけましょう。

これは有名な話ですが、ラスベガスのカジノには時計がありません。時間を忘れてカジノに夢中になっていて気が付くと財布の中が空っぽ!

成田を飛び立ち、ポートランドを経由して、ラスベガス市街に近い「マッキャラン空港」に着いた。飛行機を降りたとたん、空港ロビーにスロットマシン(本物)が並んでいた。日本とは違い、ゲームコインではなく現金コインを使う。到着してすぐに金を落せということらしい。さすが、カジノの街。

これはテーブルゲームで遊んだチップの合計ではなく、スロットマシンを遊んで、ジャックポットを当てて、1200ドル以上の勝利をした場合のみとなります。この場合、ラスベガスのカジノでは税金が必要になります。この金額は、国によって様々な規定があるので、アメリカは1200ドルと覚えておけば大丈夫です。テーブルゲームやスロットの通常の配当でも、積み重ねれば、1200ドル以上の勝利を手にする事はあると思います。この場合も当然、税金は必要になるのですが、チップも1200ドルを600ドルずつ、時間を分けて換金されれば、全くわかりませんし、スロットは、現金がそのまま出てくるので、勝利金額の証拠がありません。この様な「遊びの習慣」は管理できないから、管理できる賞金はしっかりと管理するという流れになっていると予想できます。

ラスベガスでチップについてわからないときはこちら!「ラスベガスでスマートなチップの払い方!ホテル・カジノ・レストラン…金額相場」

ラスベガスでカジノができる主な場所は、ホテルが立ち並ぶ「ストリップ」ことラスベガス大通りかダウンタウンのアーケード街。より安全にカジノを楽しむなら、断然ホテルがおすすめです!

ネバダ州では、法律上21歳から成人と認められています。21際未満は飲酒・タバコも禁止!学生同士でラスベガスに行く場合は、特に気をつけましょう。

ラスベガスでも利用できるホテルが少なくなってきました。利用できる場合は、カジノのカウンターで現金に換金する事ができます。

ラスベガスで大当たりしたら、1,000ドル以上は30パーセントの税金を支払わなければなりません!配当金の受け取りには、税金分が差し引かれた金額の小切手が手渡されます。

飛行機から眺めるとよく解かるように、ラスベガスは砂漠の中にできた、金のオアシスだ。気温は高いが空気は乾燥しているのでそれほど蒸し暑くはない。夜はちょっと気温が下がる。展示会場は何故かクーラーがガンガンに効いており、温度差が激しい。乾燥のせいか唇がカサカサになるので、リップクリームは必需品かも。

作ってお得♪ラスベガスに着いたら、まずはポイントカード「プレイヤーズカード」を作リましょう!

ラスベガスのカジノで大金が当たったらどうしましょう!?実は、税金がかかるのです。夢物語が現実になった時のために、ここではカジノでの税金について説明していきます。

ラスベガスのカジノでは、大きな手荷物は不正防止のため持ち込む事が禁止されています。

ラスベガス名物である多くのホテルでは、1階がカジノエリアになっています。これはチェックインの際や客室に行く時に、宿泊客が必ず通る経路なのです。