オンラインカジノ

パラダイスシティ 入場料

パラダイスシティ 入場料

シメールだけではありませんが、パラダイスシティの多くの施設は、ホテルに宿泊しなくても、それぞれの利用料金を払うことで入場することができます。

パラダイスシティの豪華で綺麗な外観に圧倒されながら、今回の宿泊先「パラダイスホテル&リゾート(Paradise Hotel&Resort)」へ。

K-Food専門店の他にヘアー、ネイルなどK-Beautyショップや観光客の利便性のために免税店やパラダイスシティセレクトショップも運営する。

『パラダイスシティ』では、アートとエンターテインメントが融合した「アートテインメント」を堪能できます。エンターテインメントの中心がカジノだとすれば、アートの中心となるのが、日本を代表する芸術家・草間彌生さんを始め、世界的に有名な作家の作品100点を含め約2,700点にもおよぶ芸術品です。

仁川空港からは車で3分、金浦空港から25分というアクセスも便利なパラダイスシティへは、15時前に到着。

『パラダイスシティ』には、小さな子ども連れでも気兼ねなく利用できるファミリーラウンジ、落ち着いた雰囲気のクラブラウンジ、音楽好きにはたまらないロビーラウンジ、雰囲気満点のガーデンカフェなど、タイプが異なる食の空間があるので、用途や目的に応じて選択できます。朝食も提供している『On The Plate』は、世界各国のトレンド料理をビュッフェスタイルで楽しめるとあって、ファミリー旅行や味の好みが異なる3世代旅行者にとくに評判です。このほかにも、イタリアン、日本食、広東料理のレストランがあり、世界各国の美食を堪能できます。

プールでたっぷり遊んだ後は、さあ! いよいよカジノへ出陣! 夜はこれから!■3日目パラダイスシティは昼もお楽しみが満載! 仁川国際空港はすぐ目の前、時間を気にせず最後の瞬間までサウナやスパでリラックスして旅の疲れを癒したり、『プレイステーションゾーン』でみんなで最新のVRゲームを楽しんじゃいましょう!2泊3日でここまで楽しめる韓国旅行のプランに『パラダイスシティ』を加えて、気軽に旅立ってみませんか?

夜はインスタ映えバッチリのプールパーティはいかがでしょうか? 夏には楽しいパーティーイベントが開催される日もあるので、まさに『パラダイスシティ』ならではの体験ができます。

カジノがあると聞くと、大人の空間だと想像してしまいますが、実は『パラダイスシティ』は、子育てファミリーにも優しい施設です。子ども用レーンもあるボウリング場、ビリヤード台、ダーツなどの定番ゲームで遊べるほか、飲み物を楽しめるバーが併設された『サファリパーク』や、話題の最新VRなど、さまざまな種類のプレイステーションのゲームで遊べる『プレイステーションゾーン』、地球をコンセプトにした、子どものための特別な空間で、専門ガイドと共に子どもの五感を刺激する体験型のプログラムを楽しめる『キッズゾーン』があります。

今回は「日常とは違った休暇を楽しもう!」ということで、家族に連れて行ってもらったため、極上でとびきりの2泊3日を満喫してきました。芸術的な品格と癒しが共存するパラダイスシティについて、私が体験してきたことや感想をお伝えします。

パラダイスシティの広大な敷地の中にある「パラダイスホテル&リゾート」は、客室数711室を誇る最高級リゾート型ホテルです。