オンラインカジノ

オンカジ スロット ペイアウト率

オンカジ スロット ペイアウト率

オンラインカジノのゲームごとの還元率をまとめると以下のようになります。

人気ゲームのGemixのスピンオフ的なスロットであるWizard of Gemは横5×縦3の正統派ビデオスロットです。落下型のスロットでシンボルが20のライン上のどこかに揃えば消滅し次のシンボルが落ちてきて連鎖を誘発するシステムとなっています。連鎖によりマルチプライヤー(乗算)が働きます。5連鎖すれば配当が5倍になるので高額配当を狙えるゲームです。WILDシンボル、SCATTERがありフリースピンモードも搭載。画面も今風なので楽しめると思いますが個人的にはGemixのほうが好きかなぁ。

スロットのスペック面から見ると、まずペイラインをチェックするのもいい手段です。ペイラインとはそのライン上に同じシンボルが並べば払い出しがあるラインの数のことで、スロットの機種によって違い、ペイラインが多いほうが当然当たりやすいです。でもその分お金もかかります。ですからその辺はお財布と相談、ということになりますね。クラシックスロットでは1~5ライン、ビデオスロットでは5以上、全方向243ライン、1024ライン、3125ライン、他にもプレイしていくうちにペイラインが増える、なんていう嬉し恐ろしいシステムのモノもあります。

こういったオンラインカジノ独自の優位点によってパチスロよりも勝ちやすくなっているため、初心者にも十分なチャンスがあると言えます。

スロット選びの基準は色々あります。まず第一に人それぞれ好みが違いますし、それにどういう目的でスロットをプレイしたいのかも違います。さらに、その日の気分で今日はこんな感じのがいいな、って変わりもしますから、一概にこのスロットが良い!と決めるのは難しいんですね。

ペイラインも少なく、スキャッターやワイルドのような特別なシンボルもない。場合によっては3つのリールと1つのペイラインという超ミニマム設定。フルーツをモチーフにした「フルーツマシン」や数字を使った「777スロット」などの王道スロットは、なぜかグッと心惹かれるものがあります。まさにシンプル・イズ・ベストの世界。

RTP は、英語の「Return to Player」の略です。日本語に直訳すると「プレイヤーに戻す」という意味であり、オンラインカジノでは「ペイアウト率」または「還元率」としても知られています。オンラインカジノのペイアウト率は、競馬やパチンコなどで目にする、払戻率や出玉率、期待値とほぼ同じ意味です。

パチスロのように根気強く研究しなくても勝てる台で遊べるため、初心者でも稼ぎやすくなっています。

現在、インターネット上には2万近くのオンラインスロットゲームが存在しますので、どれがベストとはっきり決めるのは難しいです。ですが、人気が集中しているのはやはりこのビデオスロット。爆発力も高く、ストーリー性もあり、面白いモノが多いのは事実です。また他にも人気の理由があります。それはベット幅に柔軟性があること。1回のスピンで10円から1万円強と幅広く賭けられるタイプのものが多いので、軍資金が少ない人でもハイローラーでも楽しめるという利点があるんですね。

スロットゲームの種類が豊富で、遊んでいて飽きないベラジョンカジノ!ジャックポットを狙えば高額配当も夢ではありません。

デモ版の利用方法は大きく分けて2つあります。1つ目は純粋にゲームを楽しむのに使う。お金がかかりませんのでどれだけ遊んでもタダ。使用制限があるわけでもないので、好きなだけ遊べます。2つ目はリアルマネーを賭ける前の練習に使う。いきなりお金を賭けるのは怖い場合や、そのスロットの機能を把握するためのテストプレイとして役に立ってくれます。本番と同じ金額をかけて試しておくとシミュレーションできて便利ですよ。

登録ボーナスやウェルカムボーナス、入金ボーナスなど、さまざまなボーナスがオンラインカジノには用意されています。いろんな種類がありますので、しっかり探せばきっと自分にあったタイプのものが見つかります。それではオンラインカジノが一般的に提供しているものを見てみましょう。

最強のジャックポット搭載の夢のあるスロット「MEGA MOOLAH」

スロットを選ぶ際の決め手となるのはそのスロットのテーマだ、というプレイヤーは多いかもしれません。やっぱり見た目も重要ですし、せっかくプレイするのだから好きな世界観の中で遊びたい。ストーリー性があったりして入り込めるものも多く、中にはRPG的に進めていくものだってあります。

プレイヤー全員が賭けたお金からハウスエッジが引かれた残りをプレイヤー全員で奪い合っているようなイメージです。
ペイアウト率が高ければ高いほど、この奪い合うお金が増えるわけですから、勝てるチャンスが高くなります。