オンラインカジノ

ほかにも魅力たっぷりのパラダイスシティ

現地の韓国のオルチャンたちにも大人気のパラダイスシティのプール

水着へ着替えてホテルの屋上プールへ。
現地の韓国のオルチャンたちにも大人気のパラダイスシティのプール。

こちらはパラダイスシティ自慢のスイーツが食べられる「Garden Cafe」。フレンチスタイルのフォトジェニックなスイーツと併せて、思いきりかわいい写真を撮ってみてください。

パラダイスシティは、セガサミーホールディングスが韓国・パラダイスグループと設立した合弁会社「PARADISE SEGASAMMY Co., Ltd.」が運営するIR。パラダイスグループは1968年創業以来、仁川を始めソウルウォーカーヒルや釜山、済州など5カ所で世界水準のカジノサービスを展開している。約33万平方メートルの敷地の中には現在、ホテルやカジノ、コンベンションホール等が展開されており、今後、プレミアムスパ(温浴施設)やクラブ、エンタテインメント施設、デザイナーズホテルなどがそろう。

パラダイスシティにある 巨大かぼちゃ のオブジェ写真です。
作者は 草間 彌生(くさま やよい)さんです。パラダイスシティの正面玄関の1階にあります。
玄関を入って50mぐらいのところにあります。
草間さんの特徴である水玉模様が印象的な巨大な黄色い かぼちゃのオブジェです。

いかがでしたか? 2017年4月に仁川空港近くにオープンしたパラダイスシティの魅力をお伝えしてきました。ちなみにパラダイスシティは、まだまだこの先も拡充予定。2018年には更にデザイナーズホテルや、ショッピングモール、エンタテインメント施設、スパ、クラブもオープンするんです。特にクラブはトップクラスのDJによるEDMクラブや、年間を通じてプールパーティが楽しめるルーフトップクラブなどが予定され、週末深夜便で到着した後すぐにでも楽しめるようになるようです!韓国の新スポット「パラダイスシティ」に行って、少し贅沢な旅行の思い出を作ってみましょう!

パラダイスシティ内にはその他にも、スボード・グプタ、イ・ガンソ、オ・スファンなど、国内外有名アーティストの100作品を含む芸術品が約2,700点そろう。厳かな雰囲気も合わさって、まるで美術館を巡っているような気分になってくるだろう。

ほかにも魅力たっぷりのパラダイスシティ。その楽しみ方として、もう一つオススメなのが、カメラ&スマホ片手に自分だけのフォトスポットを見つけて撮影すること。リゾート内すべてが美術館のような空間なので、1日では見て回りきれないほどの発見でいっぱい。

こちらは和食レストランの「RAKU」。あの日本料理店「青柳」のオーナー・小山裕久氏が監修している本格派です。店内もお洒落なつくりになっていて食事するのが楽しくなりますね。レストランごとで異なるテイストの内装はパラダイスシティならではの楽しみになりそう。