オンラインカジノ

釜山の公用語は もちろん韓国語です

カードゲームで!これも釜山カジノで必ずやりたいゲームでした

釜山でカジノをするのであれば、気になるのが予算です。ゲームの種類やどのくらいの時間遊びたいのかなどによって予算も異なるので一概には言えませんが、予算を考える際は、そのゲームの最低儲け金を目安にすると良いと言われています。トランプゲームが一番高く、スロットが一番低くなっており、大体の目安としては、5万円ほどになっています。

韓国・釜山カジノは数カ所あり、人気のゲームはバカラ、ブラックジャック、シックボー、テキサスホールデムポーカーとなってます。

釜山カジノでのプレイする予算は、20万円と仲間同士で決めて旅立ちました。それ以上は使わない、と決めることで抑制が利き、大損を防ぐセーフネットになりますよね。本場カジノへ行かれる方は、是非ルールを設定されてから遊ばれることをオススメします。

女性ディーラーに緊張!
釜山訪問二日目に入り、ブラックジャックに挑戦です。レートのランクごとにテーブルが設定されており、当然我々はレートの低いテーブルへと足を運びました。実際女性ディーラーがいて、やはり緊張を覚えるのは自分だけでしょうかね?。

釜山のカジノは、多くが外国人専用になっており、パスポートの提示を行った人のみが集まっているため、比較的安全な雰囲気になっています。とは言っても、席を立つ際にカバンを置きっぱなしにするなどということは避けるようにしましょう。また、釜山のカジノは、政府公認になっており、安心して遊べますが、中には公認ではない「裏カジノ」が存在し、こちらを利用すると罪に問われることも。間違っても「裏カジノ」にはかかわらないようにしましょう。

釜山の中心部に位置しており、ロッテ百貨店へは徒歩約1分でアクセスが可能なホテルです。マカオのカジノを連想させるような華やかな雰囲気になっており、フロア内には様々なゲームやスロットマシーンなどが備わっています。女性やカジノ初心者でも気軽に遊ぶことができるのも特徴で、多くの日本人や中国人の姿を目にします。

釜山の公用語は、もちろん韓国語です。ただし、日本語が通じることも多いので日本人にとっては過ごしやすい場所ということができます。通貨は、韓国通貨のウォンになっており、カジノでもそれ以外の通貨を使用することはできません。両替は、韓国の空港や銀行、両替所で行うのがおすすめになっています。

カジノと言うと、ラスベガスやマカオなどのイメージですが、日本から最もアクセスの良い海外・韓国にもたくさんあります。韓国の第2の都市であり、日本人も良く訪れる釜山には、カジノを楽しめる魅力的なホテルがあり、日本人もたくさん利用しています。初心者でも気軽に遊べるところばかりなので、観光やグルメと一緒に釜山でカジノを楽しんでみませんか?

良き思い出に
あそこで止めて、夜の釜山にでも繰り出していれば旅行費用が賄えたのに、と思ったのも後の祭りです。
まぁ、「美人(!?)ディーラーと楽しいひとときを過ごした」と、よき旅の想い出にして後腐れ無く日本に帰る方が賢明ですね。

釜山のカジノで勝った場合に得た儲け金ですが、日本は、カジノ合法国と租税条約を結んでいるため、税金は一切かかりません。空港でも関税を取られる心配はありませんが、100万円以上の所持金がセキュリティチェックで見つかると罰金が取られてしまうので、カジノから発行された「両替証明書」を提示する必要があります。

カードゲームで!これも釜山カジノで必ずやりたいゲームでした。オンラインカジノでずっとプレイしているということもあるのですが、本物のディーラーと勝負する緊張感を味わいたいというのが本音でした。

カジノと言えば、ラスベガスなどを思い浮かべる人も多いかと思いますが、日本から一番近く、カジノを楽しめる場所と言えば、韓国です。韓国は、1967年に外国人向けにカジノをオープンし、現在では15か所以上ものカジノを有しています。一番カジノが多いのが済州島、有名なのが首都・ソウル、そのほか第2の都市と言われる釜山などにもあります。

カジノと言うと、ドレスアップした人たちのイメージがありますが、釜山を含め韓国のカジノは、厳しいドレスコードなどもなく、比較的カジュアルな装いの人が多くなっています。あまりにもフォーマルな装いはかえって浮いてしまうので注意が必要。とは言え、カジュアルすぎたり露出しすぎる装いは避け、清潔感のある服装を心がけましょう。

日本から釜山へは、フェリーと飛行機の交通手段がありますが、所要時間が少なくて済む飛行機を利用するのが一般的です。釜山への直行便は、成田や羽田、関空、セントレアなどから運行しており、利用する空港によって所要時間が異なります。成田からなら約2時間30分、関空からならば約1時間半でアクセスすることができます。