オンラインカジノ

壁にはバカラの歴史が写真により飾られています

バカラホテル最高のお部屋

Hand(ハンド、手): バカラで勝敗を決める1ゲーム内のカードの組み合わせ。
High Roller(ハイローラー): 高レートプレイヤー。太客とも呼ばれる。
House Edge(ハウスエッジ): カジノが利益を上げるためのテラ銭。大多数の他のカジノゲーム同様、バカラでもいずれはハウスエッジによって最終的にカジノが勝つ。

覚えるのはちょっとだけ大変ですが、バカラの場合は紙に書いて持ち歩くのはOKのはずなので(スマホはNGだと思います)、カンペとして持ち歩くのもいいかもしれません。

シンガポールにある2施設のカジノ場「マリーナベイサンズカジノ」、「リゾートワールドカジノ」では、他国のカジノと同様にテーブルゲームの多くがバカラテーブルで構成されています。

このように、バカラでは確かにレートは非常に高いですが返ってくる倍率はそれほど高くはありません。金持ちに向いているといわれるのも一回あたりの配当金が資金を持っていない人にとっては少ないからに他なりません。カジノでは、こういった違いがあるためこれらを知っておくとより楽しめます。

また、バカラは台によってはノーコミッション(6半)というルールの台があります。これはBANKERが「6」で勝った場合のみ配当が1.5倍になる、つまり勝った金額の50%をカジノ側に払うというルールを採用している台もあります。

ただ、誤解をしてはならないのがバカラはあくまでもレートが高いだけであってオッズそのものが高いわけではないということです。オッズとは、当たったときに返ってくるお金の倍率のことを指します。例えば、オッズが2倍のときに1万円で勝ったときには2万円のお金として手元に返ってくることになります。こうした倍率は、バカラでも存在していて基本的に2倍程度に設定されていることが普通です。

大きなクリスタルのシャンデリアが吊り下がるフランスのサロン風バー。壁にはバカラの歴史が写真により飾られています。バーカウンターは長さ18メートルも。外にはテラス席もあり。

バカラは歴史が最も古くて世界中で人気のあるゲームであり、基本的に金持ちが好んで実践するゲームだと考えられています。実際に、バカラのレートは他のゲームと比較しても高い傾向にあるのも事実です。昔はカジノの王様と呼ばれたくらいのゲームですので、効率的にお金を稼ぎたいと考える富裕層が好んでこのゲームに参加していました。現代でも、バカラのレートは相場で約100ドル程度であると考えられていて、日本円に換算すると1万円以上が通常です。これは最低のレートであるため、賭け金をそれ以上にすることも可能です。他のゲームでは、こういったレートの上限も低い傾向があり、一般的な参加者も資金と相談しながら気軽に参加できます。

俺「しかし裏バカラというと大勢で奇声あげながら、わいわいやるもんだと思っていたが、静かなものだな」

また、バカラを100%楽しみたい場合はやはりバカラのヒットチャートは覚えておいた方がいいということ。

ノーコミッションバカラのハウスエッジは以下の通り。

1ベッドルームとしてはとても広いスイートルームです。ハーコート(Hercourt )とは、バカラグラスの代表作品であるアルクールのことを指します。

グランド・クラシックの上の広いお部屋。ハーコート(Hercourt )とは、バカラグラスの代表作品であるアルクールのことを指します。

そして私は広々としたフロアをぐるっと周り、弟と共にバカラのテーブルへ!

バカラホテル最高のお部屋。寝室が1つあります。