オンラインカジノ

仮想通貨というと どんなイメージをお持ちでしょうか

仮想通貨の利益は原則 雑所得に分類されます

マイニングとは、仮想通貨の取引処理について作業を分担することで、作業の報酬として一定の仮想通貨の割り当てを受けることを言います。

ここまで解説してきたように、仮想通貨取引を行う中で発生した所得が20万円を超える場合には確定申告が必要となる可能性があります。「取引による所得が20万円」というのは取引所から出金して振り込まれた日本円の金額ではありません。

その結果、「年間取引報告書」に対応する仮想通貨交換所の顧客は、仮想通貨取引に関する収支計算が楽になりました。

仮想通貨の売買で利益が出て喜んでいるのも束の間、申告漏れを税務署から指摘されて多額の延滞税を払わないといけなくなった・・・ということにならないように、この記事を読んでしっかりと申告、納付しましょう。

ただし、第三者に対し仮想通貨を紛失したことを証明するのは大変難しいですし、課税逃れをしていると捉えられかねないでしょう。

では仮想通貨取引による所得はどのタイミングで発生するのでしょうか?

仮想通貨というと、どんなイメージをお持ちでしょうか。

「換金」、「資産の購入」、「別の仮想通貨とのトレード」、「採掘」、それぞれの時点が課税されるタイミングになるといい、すべて事業に係るもの以外は雑所得とされる。

法律上で仮想通貨は、一号仮想通貨と二号仮想通貨という2種類に区分されています。

一方仮想通貨であれば、所得額に応じて税率は5~45%まで段階的に上がります。

所得税では10種類の所得を定めています。仮想通貨の利益は原則、雑所得に分類されます。

価格変動の大きさを利用して大きな利益を上げることができる仮想通貨(暗号資産)は現在人気の投資対象となっており、過去に投資経験のない人も多く参入しているところに特徴があります。こういった方々は過去に確定申告を行ったことがなく、税金面のことにも馴染みがないため、困っている人が増えています。今回は、ビットコインなどの仮想通貨にかかる税金を仮想通貨に強い税理士が徹底解説していきます。

日本における仮想通貨の税金の問題について、論点となる点をまとめました。

仮想通貨取引による所得が20万円を超えている場合は②に該当するため、確定申告が必要となる可能性があります。

ICO(Initial Coin Offering)は、新規で仮想通貨・トークンを発行して資金調達をするものです。後日、取引所で公開されるものもあります。