オンラインカジノ

でも まだ韓国のサウナの入り方をしりません

でも まだ韓国のサウナの入り方をしりません

動画の撮影で韓国のディーリングと違う部分や、実際のカジノで必要なスキルも説明をしていただきました。

韓国の方は日本人用の語順で話してくれるみたいで、結論が最後に来るので、安心して聞き取れます!

もうすでに英会話じゃない(笑)韓国は日本と文法が一緒なので、ルー大柴さんのようなブロークンなイングリッシュでも、伝わるのがありがたい!

説明してくださるのは、韓国の女性、たしかキムさん?(カジノディーラーさん)で、大学の頃日本に留学経験があるそうで、日本語で説明をしてくれます!

この時点で、今日の飛行機が飛ぶかどうか気になり始めます。韓国のサウナに入ったら「シッケ」と言うお米のジュース(甘酒のようなもの?)と「ゆで卵」を食べるのが一般的らしいのですが。わたし的には、米汁よりも麦汁(ビール)の方が良いものの、飛行機が飛ぶか微妙だったので、結局どっちも飲めず。

できました。隣の国韓国ではカジノに関してどのような勉強をしているのかを見る事ができ、とても有意義な時間でした!

でも、まだ韓国のサウナの入り方をしりません。周りの人のマネをしてなんとか乗り切ろうと思います。そのためにも「メガネ」じゃなくて「コンタクトレンズ」に変える必要が!これで視界が確保できました。

韓国の若者はサウナでデートするらしい(ウェアを着て混浴)手を繋いだり、スキンシップを図っていて、サウナが暑いのか、カップルが暑いのかわからず、出るタイミングを逃して悶絶しました。