オンラインカジノ

vプリカ コンビニ

vプリカ コンビニ

「KAIMO711」は、エヌ・シー・ジャパンが運営するplaync有料サービスの お支払いに利用できる電子マネー「カイモ」専用のプリペイドチケットです。ご購入いただきますとplayncサービスにてカイモチャージ(カイモの購入) が出来ます。「カイモ」で利用できる代表的なコンテンツは 「リネージュ」「リネージュII」「ギルドウォーズ」などです。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート等お近くコンビニで購入できます。
コンビニによって買う端末が異なるので事前に確認しましょう。

しかし、Vプリカには不思議な点がひとつあります。それは、購入金額より実際に使える金額が少なくなることです。例えば、3000円分の販売価格はコンビニでは3250円、5000円分は5290円といった具合です。Amazonギフト券やiTunesギフトカードは「購入金額=利用可能金額」で、Vプリカのようなことはありません。

コンビニでは、Famiポートやマルチコピー機経由で購入します。端末がないコンビニでは、サンプルカードをレジで提示しましょう。手続き後にもらえる『発行コード』をMyページで登録すれば購入完了です。

パソコンやスマートフォンから、またはセブンイレブンやローソンのようなコンビニで簡単に購入できる。
面倒な本人確認や審査もなし。
プリペイドカードなので、使いすぎてしまう心配もありません。
カード情報がいらないので、海外のサイトなどで買い物するときも気軽に使うことができます。

タブホとは、雑誌の読み放題サービスを中心としたタブレット・スマートフォンのトータルサービスです。お客様は、購入券種の期間中は追加料金なくコンテンツをお楽しみいただけます。

X-LEGENDマネーでG-コインをチャージすることで、 ゲームコンテンツなどで利用できます。

つまり、Vプリカは利用者側が手数料を払う仕組みになっていて、手数料不要のクレジットカードを利用するより損になります。それでは、このように利用者にとって不利なVプリカが、なぜ全国のコンビニで幅広く売られているのでしょうか?

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。

「プリカ詐欺」の手口を使う事業者は、金融機関の口座を持っていなかったり、審査が通らずクレジットカード会社やプリペイドカード会社の加盟店になれない等、詐欺業者である可能性が高いと考えられます。
このような事業者は、審査がいらずコンビニなどで簡単に入手できる利便性と、利用しても所在地や連絡先が特定されにくい匿名性の高さというネット用プリカの特徴を逆手にとって悪用しているのです。
「コンビニでプリペイドカードを購入して番号を教えて」といった支払い方法を指示してくる場合、その事業者は詐欺業者である可能性が高いので、絶対に騙されないようにしましょう!

なお、コンビニでは『Vプリカギフト』も購入できます。これはアカウント登録や電話・SMS認証が不要なタイプです。

最近のコンビニには、生活用品やお弁当といったもののほかに、Amazonなどオンラインショッピングで使えるギフト券のコーナーがあります。そのギフト券のひとつに「Vプリカ」がありますが、3000円分を3250円で売っているなど「使うと損」になる仕組み。はたして、どのような人にVプリカのメリットがあるのでしょう。

実は、Vプリカがコンビニで幅広く売られている理由は別にあります。それは「クレジットカードや銀行口座がなくても使える」という点です。何らかの事情でクレジットカードや銀行口座を作れない場合、QRコード決済も利用登録が不可能。そうした人がネットショッピングを利用するには、Vプリカのようなサービスが必要なのです。

現状PAWはコンビニ決済ではご購入いただけません。クレジットカード決済のみ対応しております。

Vプリカはコンビニやインターネット経由で発行(購入)でき、Webでアカウント登録さえすれば利用開始できます。