オンラインカジノ

エコペイズ 入金 ジャパンネット銀行

エコペイズ 入金 ジャパンネット銀行

エコペイズの出金が銀行口座への振込が主流となってから、税金を払うことになるのかという質問の書き込みがよく見られます。銀行口座への入金情報が記録されることを考慮しなければいけないようです。ちなみにエコペイズの口座を閉鎖しても、利用規約によるとアカウントの情報は最低5年間保存されます。

エコペイズのローカル銀行入金、5分で入金済みかよw(UFJから)入金する必要が無いのが一番いいが、この速さならクレカが使えなくなった不便さはなくなったな。

またVISAデビットカードも入金のみで出金は不可!なので、ジャパンネット銀行口座へ出金するには・・・オンラインカジノ⇒ecoPayz(エコペイズ)⇒ジャパンネット銀行口座とecoPayz(エコペイズ)を経由する方法が最適です。

オンラインカジノで利用できるオンライン決済方法には様々なものがありますが、エコペイズはその中でも特に代表的です。ここでもう一つよく知られているオンライン決済システムであるアイウォレット(iwallet)とサービス内容を比較してみます。

エコペイズではクレジットカードで入金した場合、オンラインカジノなどのギャンブル目的にアカウントを利用することができないという制限がかけられていました。

エコペイズ(EcoPayz)はオンラインカジノでの入金と払い出しやオンラインショッピングで利用できる、便利なオンライン決済サービスです。エコペイズは、本社のある英国の第三者審査機関から認可と規制を受けており、安全性と支払いの迅速さで高い評価を受けている、信頼のおける決済システムを提供しています。サイトとカスタマーサポートは完全に日本語に対応しており、日本語で安心してこのサービスを利用することができます。

エコペイズを口座を閉鎖するには、カスタマーサポートに口座を解約する1か月前に問い合わせる必要があります。[email protected]へ口座を閉鎖したいとの旨とアカウント番号を伝えると、一か月後にアカウントが閉鎖されます。

エコバウチャーはエコペイズで直接購入するのではなく、リセラーサイトで購入します。エコバウチャー利用に、取引限度額はありませんが、エコペイズでの入金で最高で2.9%の手数料、さらには、エコバウチャー購入の際リセラー側で取引手数料を支払うことになります。

ここではローカル銀行からの入金、国際銀行振込、仮想通貨による各手続き方法と、ecopayz(エコペイズ)を利用したカジノの入出金について説明しています。

ソニー銀行口座から入金はできても、ecoPayz(エコペイズ)からソニー銀行口座へと出金することが不可能になりました。URLが見つからなかったので申し訳ないですが、ソニー銀行がecoPayz(エコペイズ)からの着金を拒否するという声明を出したようです。

世界規模で展開しているエコペイズでは、45通貨に対応しており、自分の口座に複数の通貨アカウントを追加することができます。これによって、エコペイズの為替手数料(1.49~2.99%)なしで、他の通貨での入金を受け取ることができます。

エコペイズはオンラインカジノで利用するのに最適なオンライン決済サービスです。支払いや入金が即時に口座残高に反映されるため、「ちゃんと支払いがアカウントに反映されるか」などという心配がなく快適に利用することができます。

銀行振り込みでエコペイズ口座へ送金後、アカウントに入金金額が反映されていないため不安になっているユーザーの書き込みが多くみられました。大金を送金して口座に届かないかもしれないと不安になる気持ちはわかりますが、営業日5日以内には入金が完了し、早いときには数時間や数分で口座で入金の確認がとれます。

エコバウチャーは、エコペイズへの入金に利用できるプリペイドカードのことで、クレジットカードで購入することができます。エコバウチャーは、直接公式サイトで購入するのではなく、Offgamersなどといったリセラーサイトから購入します。

しかし先ほど記載したミライノデビットカードは、ecoPayz(エコペイズ)で利用できません!