オンラインカジノ

エコペイズ入金 手数料

エコペイズ入金 手数料

手数料は入金額の5%。例えば10,000円入金したら500円がエコペイズの手数料としてかかります。
また、送金先の銀行とご利用の銀行が異なる場合、銀行の振込手数料が別途かかります。

三井住友銀行から自分のecoPayz(エコペイズ)アカウント口座に送金するので、口座番号を入れておくことで(万が一の)間違いを防ぐことができるからです。

エコペイズ(ecoPayz)からお金をお引き出しする方法として銀行送金による出金があります。

bet365、ウィリアムヒル、10betjapan、1xbetをエコペイズで利用されている方はこちらの方法で出金してください。

このように、USD口座では通貨の為替手数料が余分に掛かっているのです。

例えば、USD口座でプリペイドカードを発行している場合、現金化するためにユーロやポンド口座から「口座間の送金」機能を使って、資金を集めてからATMで出金、というようなことはやめましょう。先述したように、「口座間の送金」機能にも通貨の換算手数料(2.99%~1.25%)が掛かるからです。

基本的には外貨を通さずに為替手数料が無料で入金できるローカル入金方法の銀行送金かビットコイン入金がお得です。

エコペイズ (ecoPayz) は会員登録した後、本人確認書類をアップロードするとシルバー会員になりますが、当サイトから登録するとゴールド会員にランクアップできます。

ただし、ユーロやポンド口座をほとんど使用しない人の場合は、そこまでしなくても手数料はほとんど変わりませんので、ドル口座に直接入金しても構わないでしょう。

ecoPayz(エコペイズ)からのお知らせメール内に記載の金額(ドル)と実際に自分が入金したお金(日本円)を比較してみると、全く同じ金額にならないことが分かるかと思います。

最後に、エコペイズを利用することでかかる手数料をご紹介します。

嬉しいことに、エコペイズでは口座単位でカードを発行することができて、初回発行手数料は無料です。

ecoPayz(エコペイズ)トップページより右上のメニューより『サインアップ』を選択します。次にアカウント情報を記入していってください。ここで通貨はUSDを選択しておくと良いかと思います。

この画面で出金したい金額に対する手数料が表示されます。

□出金のケース
高速ローカル出金(1%)、海外送金での出金(5.9~10EUR+受取銀行でも手数料あり)。