オンラインカジノ

23ベット法 ココモ法

23ベット法 ココモ法

ココモ法はどこにベットするというわけではなく、ベット金額の手法となります。

ココモ法が有効なルーレットでゲームをシミュレーションしました。

1326法(バーネット法)は、1235法と同じように、「1,3,2,6」を順番に賭けていくシンプルな戦略で、連勝すればするほど、負けた時でも利益を残したまま勝ち越すことができます。勝率が2分の1(50%)ある、赤黒賭けやハイロー賭け、奇数偶数賭けなどに有効です。

ココモ法というシステムベットがあります。

1235法(グッドマン法)は必勝法の由来の通り、「1,2,3,5」を順番に賭けていくシンプルな戦略内容です。連勝すればするほど、負けた時でも利益を残したまま勝ち越すことができる必勝法です。勝率が2分の1(50%)ある、赤黒賭けやハイロー賭け、奇数偶数賭けなどに有効です。

フムフム。ココモ法は2連敗してからがスタートなのでありますな。

賭け方は、2連敗したらそこからがスタートです。 前回の賭け金+前々回の賭け金が最新の賭け金となり、3回目のゲームからココモ法を活用します。

ココモ法は通常3回目からベット金額を変えていきますが、3回目までベット金額を変えないことで連敗した時の損失金額を減らすことが可能となります。

テーブルリミットがミニマムベットの1,000倍となるテーブルでココモ法を実行するとなると、16回目までには当たりを出さなければなりません。そのためのルーレット戦略を説明します。

ココモ法の場合、最初の1ドルは17回目で1,597ドルとなり1,000ドルを超えます。そしてオンラインカジノのルーレットでは、テーブルリミット(最大賭け金)は最少賭け金(ミニマムベット)の1,000倍としているところが多くあります。

1326法(バーネット法)は1235法と同じように、負けた場合の損失額を最小限に押さえたリスクの少ない必勝法です。しかしそれだけに、ゲームに勝った場合でも大きな利益を出すことができません。

マネジメントシステムの1つ「バーネット法(1326法)」。バーネット法は1235法(グッドマン法)と同じ効果を持つカジノ必勝法です。 グッドマン法同様、手堅いディフェンス型の戦略となり、手元に利益を残 …

1235法(グッドマン法)は、負けた場合や連敗が続いた場合でも、損失額が急激に増えることが無く、リスクの低い必勝法です。しかし、勝った場合でも大きな利益を生むことができないというのが、この必勝法の欠点でもあります。

つまり大抵のルーレット台では、ココモ法は16回目で当たりが出なければ積み上がった損失は回収できなくなるということです。16回目の時点での賭け金の総額は2,583ドルです。つまりここで外れが出ると、2,583ドルの損失が確定します。

そこで、この1本道のココモ法をいくつかに分割するルーレット戦略を説明します。