オンラインカジノ

損失累進戦略によるルーレット攻略法

損失累進戦略によるルーレット攻略法

つまり、10回に1回は負けてしまうということです。そのため、11連勝して、損失分を取り戻すのは、非常に難しいといえます。666戦略では、負けないようにゲーム展開などをよく見極めて、ルーレットをプレイする必要があります。

ただし、大きな損失というわけではないので、バンクロールに大きな影響を与えることはないでしょう。2コラム・2ダズン法は、ローリスクローリターンの戦略です。そのため、利益を得ることが目的ではなく、のんびりとルーレットを楽しみたいという方におすすめです。

ココモ法では、マーチンゲール法など他のシステムベッティングと比較して、賭け金の上がり方が緩やかなのがわかります。そして、ココモ法では1度勝利したら、次のゲームでは最初の賭け金に戻します。この時、それまでの損失額をすべて取り戻すことができる事に加えて、利益が出るのがココモ法の特徴です。

ただし、666戦略で負けてしまった場合は、66ドルの損失なります。そして、この66ドルを取り戻すには、11連勝しなければいけないこととなります。勝率が約89%ということは、敗率は約11%です。

「心技体」という言葉がありますね。スポーツの世界でよく聞きます。上達するためには、あるいは勝つためには心技体が揃ってなければならないとよく言われます。投資でも同じではないかと私は思います。ところが日本では(投資の世界、スポーツの世界に限らず)、建前上は「心」ばかりが重視され、実際は「技」ばかりをみんな模索しているという状況があるのではないでしょうか。精神論は受けがいいです。「頑張りましょう」が合言葉の国民性。外国語で「頑張ってください」「頑張りましょう」に相当する言葉を私は知りません。Do your best. が近いのかもしれませんが、「がんばりましょう」ほど頻繁に使われていません。がんばればそれなりの成果が見込める勉強やスポーツと違って、がんばっても成功がまったく保証されていないのが投資の世界だと思います。だから逆の発想で、「がんばらない」インデックス投資の有効性があるのだと思います。じゃあ「心」は意味がないのかと言えばそういうことはなくて、「技」「体」と密接に関連しつつ互いを補完している関係にあると思うのです。ここで個別企業の分析を例に取ると、技・・・合理的な分析手法を身につけること体・・・数多く分析すること心・・・合理的な分析手法で、数多く分析することにより身につけた揺るぎない投資論ということになるのではないでしょうか。「さんざん考え、試行した揚句にたどり着く、ごく当たり前の投資手法」というのは強いと思います。たとえば、配当目的の投資ひとつとっても、お小遣い的にとらえている人もいれば、もっと深い意味を理解した上で行っている人もいるわけです。言ってみれば初心者と上級者が同じような投資手法をしているわけで、大変面白いのですが、前者はたとえば上げ上げ相場が来たときに、暴騰するIT株なんかに目が移ってしまって投資スタイルを見失い、ポジションを膨らませてしまった挙句にそれまでの儲けをふっとばし、さらに大きな損失を被る、というような目にあう可能性があります。逆に後者は、理論的にも経験的にもバックグラウンドがしっかりしているので、「心」が揺らぎません。これが投資の「心技体」がかみ合っている状態だと考えます。

この2コラム・2ダズン法では1ヶ所の賭け金×4となります。つまり、それぞれに1ドルを賭けた場合、たった4ドルの賭けで勝率を86%まで上げられます。そのため、少ない資金で長くルーレットを楽しめるのが2コラム・2ダズン法の魅力だといえます。ただし、2コラム・2ダズン法で利益が発生するのは、2コラムと2ダズンの重複エリアの数字が出た時だけです。的中したとしても、重複エリアでない場合、賭け金の方が大きくなってしまうので、損失が出てしまいます。

ココモ法は数学的に証明されているシステムベッティングであり、1回勝利するだけでそれまでの損失額をすべて取り戻すことができます。ココモ法では、負けた時に前回と前々回の賭け金の合計を次のゲームで賭けます。

何かに時間をかけるということは、その間に他にできたはずのことを捨てる選択をしているから(=機会損失、非生産性と表裏一体)、その選択の合理性こそが人生における賢さを意味すると考える。仕事も同じ。

D’Alembertシステム
考案した人の名前がついた数学の平衡理論に基づいたピラミッドのシステムです。フランスでは’Montant et Demontant’ (文字通り、’上と下’)として知られていて、D’Alembertは主にベット以外の同額のお金に適用され、ベットの額を一定に保つことで、損失を最低限に抑えたいギャンブラーに好まれていました。ただギャンブラーが負けのある勝ちまたはその逆につく習性があるという非論理的な考えに基づいていたので、ここで避けられなかったことは唯一、一文無しで1日が終わるということでした。