オンラインカジノ

マーチンゲール法のデメリットは次の3つです

なお マーチンゲール法を10ゲーム目まで行った結果は次の通りです

しかし、つい熱くなって自然にやってしまい、大損してしまう…といったことも。そんな二面性を持つマーチンゲール法について、分かりやすく解説していきます。

ただ、ギャンブラーにとっては、このマーチンゲール法の危険性が心をくすぐるのかもしれませんね。

なお、マーチンゲール法を10ゲーム目まで行った結果は次の通りです。マーチンゲール法はどんなに連敗が続いたとしても、一度どこかで勝ってしまえば、一気に損失額を取り戻すことが可能です。

理論上絶対勝つと言われているマーチンゲール法ですが、カジノ内で堂々と使っていても禁止されません。その理由は、最終的にカジノ側が大きな利益を得られるから。  負けたら賭け金を倍にしていくため、連敗するとプレイヤーが大金を使うことになります。マーチンゲール法に失敗すれば、カジノ側はプレイヤーが連敗した分、利益を得ることができる訳ですね。  そして、10連敗などは、割とよく起きる現象です。リスクに対して得られる金額は最初にベットした分だけなので、ハイリスクローリターンな方法。大金を使ってくれる可能性があるので、カジノ側も禁止にしていないのです。

1ゲーム目の結果が「負け」となったので、ここでマーチンゲール法を使用していきます。2ゲーム目は、赤黒賭け赤に、1ゲーム目の賭け金1ドルを2倍にした2ドルを賭けてゲームを開始します。

マーチンゲール法を使えば、1度の勝ちで損失額を取り戻すことができますが、テーブルリミットや資金の問題から必勝法が不成功に終わることもあります。対策として、連敗時の確率を頭に入れながら使用してみてください。

なお、有名な攻略法のため、カジノによってはマーチンゲール法・ココモ法・パーレー法などのベッティングシステムによるベットを制限、もしくは禁止している場合があります。利用規約をよく読んでからベットすることをお勧めします。

と設定されており、どんな大富豪であっても40万以上は賭けられないのです。つまり、マーチンゲール法で高額配当を狙ったとしても、テーブルリミットによる回数制限があるため途中でやめざるを得ない状況となるんですね。

そのようなケースはカジノ側の勝利となるので、マーチンゲール法がカジノで禁止とまではいかないのでしょう。

マーチンゲール法は負けたら賭け金を倍賭けにしていくため、テーブルの上限額の低いテーブルでプレイすると上限額に当たってしまうことも。

マーチンゲール法が誕生したのは、18世紀・南フランスのフランス・マーティギュー地方のカジノだといわれています。

マーチンゲール法のデメリットは次の3つです。

ただしバカラが有利と言いましたが、バカラでバンカー側に賭けるのはNGです。なぜならバンカー側で勝った場合、5%のコミッションが差し引かれるため、マーチンゲール法が成立しなくなってしまうからです。勝利が6回目以降で勝利した場合、勝利しても損失が出ることになります。

「実質2分の1で勝てる」と言われているだけで、「本当はそうではない」ということも学んだうえでマーチンゲール法のつかうか判断しなければなりません。

マーチンゲール法は負けた時にベット額を倍にする攻略法ですが、それとは逆に勝利している時にベット額を倍にしていく「パーレイ法」(逆マーチンゲール法)という攻略法があります。