オンラインカジノ

ココモ法2箇所

ココモ法2箇所

もし33.3%よりも少ないところが次第に33.3%に近づき、逆に多いところは数字が減少して33.3%に近づいていれば、そのルーレット台は偏りが少ないと判断できます。それが確認できたら、%の数字が少ない場所を選んでベットすればよいでしょう。何セットかココモ法を実行しているうちに33.3%に近づいてきたら、ベットする場所を変えます。

そしてほかのルーレットにおける戦略と同様に、ココモ法も当たりが出るまで賭ける場所は変えません。どこに賭けるのかは、ルーレットの出目のデータをチェックしながら決めます。

ココモ法という、どこか可愛らしいネーミングの必勝法。

また、マーチンゲール法とどちらが良いと言ったこともありません。上手く組み合わせて効果を発揮することもあるからです。ココモ法の賭け方と手持ちのお金、両方のバランスを保ちながら活用してください。

ココモ法では賭け金が大きくならないため、一度に大金を稼ぐことができるルーレットの必勝法ではありません。しかし、負けが続いて、勝利が伸びれば伸びるほど、勝った時に配当が大きくなるのが特徴です。ただし、3倍配当のゲームでは勝率は約33%です。連敗がずるずると続いてしまう可能性が十分考えられます。そうすると、損失を取り戻せないまま、賭け金ばかりが増えてしまうことが考えられます。調子が悪いと感じたら、ココモ法を続けるのではなく、早めに損切りをしてしまったほうがいいでしょう。

どちらも当たれば賭け金は3倍になって返ってくるので、利益は賭け金の2倍です。ココモ法はどちらの賭け方をしても構いません。3倍の配当を得た時点で、それまで連敗で蓄積した損失すべてを回収できるシステムです。

そこで、この1本道のココモ法をいくつかに分割するルーレット戦略を説明します。

つまり大抵のルーレット台では、ココモ法は16回目で当たりが出なければ積み上がった損失は回収できなくなるということです。16回目の時点での賭け金の総額は2,583ドルです。つまりここで外れが出ると、2,583ドルの損失が確定します。

ココモ法は賭け金を倍にしていくマーチンゲール法に比べ、賭け金の増え方が緩やかです。そのため、マーチンゲール法のようにテーブルベットを気にする必要はほとんどありません。そして、一度でもゲームに勝った時点で、賭け金は最初の1ドルに戻ります。

とはいえ、どちらにしても負け続けるとベットが大きくなると考えれば、ココモ法のリスクと大差はありません。

つまりマーチンゲール法は投じた賭け金の総額がかなりの金額になっても、最後に受け取る利益は最初の賭け金と同額になるということです。対してココモ法の場合には、賭け金の総額に応じた利益を得られるので、投じた時間と資金に対するリターンをしっかりと確保できるのが特徴となるルーレット戦略になります。

マーチンゲール法やモンテカルロ法も連敗すれば大損してしまいますが、こちらは配当2倍のカジノゲームで活用される攻略法なので、配当3倍のココモ法のリスクよりはほんの少しマシです。

8/31日まで当サイト限定でまね吉に入金すると最大888ドルのボーナスが貰え、ココモ法の軍資金には最適です。

ココモ法の場合、最初の1ドルは17回目で1,597ドルとなり1,000ドルを超えます。そしてオンラインカジノのルーレットでは、テーブルリミット(最大賭け金)は最少賭け金(ミニマムベット)の1,000倍としているところが多くあります。

オンラインカジノのルーレット戦略のひとつに、ココモ法があります。ココモ法は累積した損失を1回だけ勝てばすべて回収したうえで利益を出せるルーレット戦略です。その方法と課題、そしてココモ法の攻略法を説明します。