オンラインカジノ

香港やマカオでは小切手による決済が日常的に行われている

香港やマカオでは小切手による決済が日常的に行われている

至急
マカオのカジノで現金1200万香港ドルを手に入れました。
日本円で1億6000万円くらいです。
1000香港ドル札を12000枚で、衣装ケースに入れて現金で渡されました。
友人と手分けしてなんとかホテルの部屋までは持ち帰ったのですが、どのように日本に持ち帰ったらいいでしょうか?
持ってきたキャリーバッグに入る量ではないですし、銀行口座は日本の地方銀行のものしか持っていません(メガバンクの口座はありません)。マカオの銀行で口座を作ったほうがいいのでしょうか?
それとも、郵送などで送ったほうがいいのでしょうか?
または専用のバッグを買って直接持ち帰るのがいいですか?その場合、飛行機に預入れではなく手荷物にしなければ不安ですよね。
どのような手段で日本円に換金すればいいのか、持ち帰ればいいのか判断がつかず困っていますので、アドバイスいただきたいです。
とりあえず今は香港ドルのままホテルの金庫に入れてあります。
帰国予定は4月4日です。

8月16日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。司法警察局ゲーミング犯罪調査部によると、今年(2014年)4月から7月にかけて、マカオの2つのカジノと5人の沓碼と呼ばれるカジノチップ仲介人から、無効の小切手を使ってカジノチップを騙し取られたとの通報が相次いだという。

犯行グループのメンバーのうち、すでに中国本土出身者の男1名、香港出身の男1名が今年6月に逮捕され、現在コロアン島の刑務所に収監されている。今回逮捕された男についても、捜査線上に名前が挙がっており、關閘ボーダーゲートからマカオへ入境したところを逮捕したもの。

香港やマカオでは小切手による決済が日常的に行われている。小切手を受け取った後、受領者の銀行口座に入金すると、小切手の額面がすぐに元帳の残高に反映され、ネットバンキングなどで確認することもできる。しかし、実際に換金され、入金されるまでの間は同銀行間で早くて当日、別の銀行の場合は翌日以降となるなど一定の時間がかかり、その間は元帳には数字として記録されるが、実際に引き出し可能な残高とはみなされない。

マカオ代表的な世界遺産聖ポール天主堂跡・旧城壁・ナーチャ廟で見学します。

マカオ司法警察局は8月15日、小切手決済の空白期間を悪用し、カジノや仲介人から4,600万香港ドル(日本円換算:約6億円)もの巨額のゲーミングチップを詐取したとして、中国本土と香港出身者から成るクロスボーダー犯罪グループのメンバーのうち、香港人の男1人を逮捕、送検したと発表した。

気の知れた友人同士や会社の旅行、ご家族旅行におすすめのチャーター利用ツアーです。マカオ内の世界遺産の有名どころを午前中で巡り、午後はカジノも入ったショッピングモールへ行ける、効率よくマカオの世界遺産とカジノリゾートを巡れるお勧めマカオ観光です。短時間でも大満足できること間違いなし!