オンラインカジノ

韓国カジノ生活

韓国カジノ生活

▼江原ランド 株式の51%を政府系公団や地元の江原道、市などが保有し、49%を民間が出資する。ホテルなどを含む総売上高は2017年まで3年連続で1兆5000億ウォン(約1500億円)を超え、95%はカジノ関連。韓国に17カ所あるカジノ総売上高の半分超を占める。年6000億ウォン(約600億円)前後を税金や地域振興費として還元している。

これは無職の男が人生を変えるべく軍資金「100万円」を韓国カジノで増やそうという試みです。1日目から読みたい人はこちらからどうぞ!

外国人は入場無料、韓国人は9000ウォン(約900円)。入場客は年315万人。従業員約3500人の75%を地元採用している。

韓国の空の玄関口、仁川国際空港の隣接地に昨春オープンした韓国の統合型リゾート施設(IR)「パラダイスシティ」には、50人以上の日本人が駐在している。日本でのIR事業参入を目指し、韓国のカジノ大手と組んだ「セガサミーホールディングス」(東京)が派遣した社員だ。

スロット281台、テーブルゲームが154台で、外国人向けカジノでは韓国最大級。1万ウォン(約1000円)から賭けられるゲーム機から、1枚1千万ウォン(約100万円)のチップもあるVIP用個室まで、客の好みに応じたサービスを提供している。

韓国最大の産炭地だった郡南部には1980年代まで46カ所の鉱山があった。しかし、石油の需要拡大で国産石炭は競争力を失い、90年代に入って次々に閉山。李さんは政府に地域振興と雇用確保を強く訴えた。

韓国に行くのは久しぶりで、もうかれこれ30年ぶりといってもよいくらい。自宅の隣の食堂にはあまり行かないのと同じで、韓国は近すぎていつでも行けると思うあまり、行かないまま長い年月が過ぎていた。

僕は無職生活を維持しブログなどで生計を立てるため生活費を稼ぎに韓国カジノに旅立ちました。

韓国視察にかかる費用はすべてカンパで賄い、組合費は支出していません。

95年、政府は韓国人のカジノ利用に道を開く特別法を制定。2000年にオープンすると全国から客が押し寄せた。現在、約3500人の従業員のうち75%が地元採用という。「雇用を守るという意味では大成功ですが…」。李さんの表情は晴れない。

サブク周辺の地域は元々韓国内で消費される石炭の70%を産出していた炭鉱の町でした。エネルギーの主役が石炭から石油へと移り変わり、徐々に事業を縮小しながら2004年には完全に閉山となりました。

当初、カジノ客の半分は中国人と見込んでいたが、昨年、在韓米軍の迎撃ミサイル配備を巡って中国が韓国旅行を規制した影響で、これまでは25%程度にとどまる。代わりに日本人が40%を占めて最も多い。青山氏は「このカジノに来る日本人に『ギャンブル依存症』の問題は感じないが、日本では他国の事例を参考に、安全・安心に楽しめるカジノを追求していくべくだ」と強調する。セガサミーは京都大と共同でギャンブル依存症を研究しており、その成果を生かして対策を講じる計画だ。

5台の現金自動預け払い機(ATM)に挟まれたゲートで保安検査を受けて入場すると、すぐに立ち見客であふれるルーレットコーナーがあった。サンダルや作業着の軽装の客が目立つ。カジノは「韓国人と外国人が一緒に遊べる」とPRしているが、外国人らしき姿はない。「ソウルに外国人用のカジノがたくさんあるので、ここまでわざわざ来ません」と趙さん。

この地域は非常に狭いので何かカジノに由来する問題が起きても発見や対策が一定は可能ですが、横浜のような大都市にカジノを誘致すれば問題が広範囲に分散して見えなくなる恐れがあり、そうなれば政府も管理が難しい。韓国ではソウルやプサンなど都市部に自国民向けのカジノをつくる許可が出ることはありえません。