オンラインカジノ

電子掲示板は多くのルーレットテーブルで見ることができます

電子掲示板は多くのルーレットテーブルで見ることができます

恐らくカリブなどの小さなカジノには、まだ偏りのあるホイールを使ったルーレットがあるはずです。そんな偏りのあるルーレットを求めて、あなたもカジノ旅してみませんか?

しかしながら、こういった手法を使ってルーレットで勝てなくなったというわけではありません。

追加:この攻略法は、ルーレットマニアの1番目の攻略法かもしれません。また31さんの攻略法もこれかもしれません。もちろん断定はできませんが。

当然ですが、カジノ側はスタッフに座らせてスピンの記録をとるようなことはしません。各テーブルの電子掲示板とパソコンを使って全ての勝ち数字の記録をとります。電子掲示板は多くのルーレットテーブルで見ることができます。それぞれの掲示板には最新の10から20回分の結果が表示されています。

98.48%法は、ヨーロピアンルーレットのダズンベット、もしくはカラムベットの賭けを利用して行う必勝法です。1ヶ所で結果を確認し、残った2ヶ所にチップを賭けるというのが戦略内容なので、分かりやすいようにAグループとBグループに分けていきましょう。

やり方はこうなります。
「1-12」
「13-24」
「25-36」
「この3つの列から2つを選んでベットしていく」といったものになります。
こちらの方法は「数をこなせばこなすほど勝率が65%に固定されていく仕組み」といった特徴があるので、ルーレットとしては最も無難なベット方法であることで有名です。

ルーレットのハウスエッジは、確かに高いよね。アメリカンなんか、話にならんwクラップスのオッズ賭けの方が断然有利。

多くのカジノはスターバースト・ホイールを使っていて、さらにそれぞれのテーブルでルーレットの結果について解析しています。また定期的にホイールの検査もしています。偏ったホイールをカジノ側より先に見つけ出すことはほぼ不可能です。

98.48%法は、勝率3分の1ある3倍配当の賭けで使用する必勝法です。3回に1度は当たる賭けですが、逆を言えば3回に2回は外れる賭けとなります。ルーレットの赤黒賭けやブラックジャック、バカラなどの2倍配当の賭けよりも、同じ結果が出る確率は低くなっています。

もう一つは、攻略法についてのフィードバックが得られるところだと思います。少し改良すれば、ルーレットマニアで効率的に稼ぐ方法を提案できるかもしれません。ここには賭け事に詳しい人がたくさんおられるでしょうから。1人でなく、詳しい人みんなで知恵を出し合えば、いい案が浮かぶかもしれません。

狙い撃つのはルーレット盤、ベットエリアで最も偏りが多い「5」を含めたBのエリアとAのエリア、そしてDのエリアの、3つのエリアを同時に狙います。

以上の通り、「ルーレットで必ず勝てる方法は存在しない」ということと「勝率を少しでもあげる効率的なベット方法」
など、確率を用いてルーレットについて説明していただけました。当たり前のことですが、「絶対に勝てるギャンブル」などそもそも存在しません。
仕組みをしっかり理解しつつ、「どういったベット方法があり、最も効率的で戦略性の高いものはどれなのか」というものを自分なりに選んで試して見るのがルーレットの楽しさに挙げられるのでしょうか。
まずはスマートフォンでアプリが出ていますし、インストールしてゲームとして楽しんで見るのはいかがでしょう。

ルーレットマニアプロの特集を組んでいるのなら、やり方も解説されていたのだろうか。それじゃあ37800円のPDFファイルが売れなくなると思うのだけれど。

こちらは簡単に言うと、「ほぼ全ての数字に賭ける」というものになります。正しくは「37個ある数字のうち、35個に賭けてそれをなん度も繰り返す」といった戦略になります。
ルーレットでは1つの数字が的中すると「配当が36倍になる」というルールが存在するため、「1ドルずつ35個賭けてどれかひとつ当たれば36ドル、差し引き1ドルの利益が発生する」といった仕組みです。
こちらでは「37個中35個数字を抑えているため」、「負ける確率」は基本的におよそ3%くらいの計算になります。
ルーレットではかなりメジャーな賭け方として浸透されています。

ヨーロピアンルーレットは37個の数字で構成されているので、Aの結果が出る確率は13/37の35.135%の確率となり、Bの結果が出る確率は24/37の64.865%の確率となります。AとBを合わせると100%の確率となります。