オンラインカジノ

芸術的な品格があり 心からの癒しがあるパラダイスシティ

芸術的な品格があり 心からの癒しがあるパラダイスシティ

パラダイスシティの豪華で綺麗な外観に圧倒されながら、今回の宿泊先「パラダイスホテル&リゾート(Paradise Hotel&Resort)」へ。

そんな「ワンダーボックス」の食事スペース「フードトラック」で提供されるメニューは、ホットドッグやフライドポテト、チュロスなどの定番メニューに加えて、ワッフルアイスや韓国ローカルフードの「トッポッキ」などもあり、バラエティ豊か。また、「ワンダーボックス」はワンデイパスを購入すれば、当日に限り入退場自由となっているため、お腹の減り具合や気分に合わせて、「パラダイスシティ」内のレストランへ行けるのも嬉しいですね。

パラダイスシティには最強に映えるスパがあります!それが「シメール」。チェアーもカラフルで可愛い!ここはヨーロッパ調のアクアスパゾーンなのですが、そのほかにもチムジルバンやサウナなど8種類のヒーリング&デトックスルームを備えたチムジルスパゾーンがあります。スタイリッシュな空間で究極のリラックスができる、大人のリゾートです。

夜のパラダイスシティ周辺は人通りが皆無で少し怖いですが、街灯が明るく道路も広いので治安は大丈夫そうでした。

パラダイスシティの広大な敷地の中にある「パラダイスホテル&リゾート」は、客室数711室を誇る最高級リゾート型ホテルです。

この入国審査通過時にスタンプ代わりに入国審査証というQRが付いた小さな紙を貰います。これはただ観光するだけなら無くしても問題ないのですが、パラダイスシティで会員カードを作る際に必要になるので大事に取っておきましょう。

芸術的な品格があり、心からの癒しがあるパラダイスシティ。

仁川空港からは車で3分、金浦空港から25分というアクセスも便利なパラダイスシティへは、15時前に到着。

歩き疲れて帰りたくなりますが、途中でパラダイスシティの大きな広告を見つけテンションが戻りました。

また、パラダイスシティ周辺には商業施設は殆どありませんが、コンビニは何軒かありました。

本当に楽しかったので、このパラダイスシティには数年後また必ず遊びに来たいと思っています。

韓国仁川にある未体験が揃う極上リゾート「パラダイスシティ(PARADISE CITY)」に2泊3日で行ってきました。

シメールだけではありませんが、パラダイスシティの多くの施設は、ホテルに宿泊しなくても、それぞれの利用料金を払うことで入場することができます。

今回は「日常とは違った休暇を楽しもう!」ということで、家族に連れて行ってもらったため、極上でとびきりの2泊3日を満喫してきました。芸術的な品格と癒しが共存するパラダイスシティについて、私が体験してきたことや感想をお伝えします。

パラダイスシティの施設利用と パッケージ商品を一度にご予約いただけます。