オンラインカジノ

海外カジノ 税金 ばれない

海外カジノ 税金 ばれない

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

もし日本で確定申告が必要となった場合、どのような手続きが必要となるのでしょうか。カジノでの所得の種類は「一時所得」と呼ばれ、扱いは競馬の馬券と同じものになります。

反面、オンラインカジノでは、アカウントとしての履歴や銀行やネットバンクの履歴として、個人の収入・取得としてデータが残ります。そのため、収入・所得が個人情報と紐付きやすくなっています。「納めたくない」と確定申告をしないままでいると、納税を怠っている事がばれてしまいやすいのです。

ランドカジノ、オンラインカジノ共に、イタリアでは勝利金に課税されません。カジノ運営者はというと、総収入のわずか1%の税金を支払います。運営者にとっては、マフィアが怖くなければイタリアでカジノ運営をするのが税金が安く、良さそうですね。

しかし、税金は日本だけに払えばよいかと言うと、そうはいきません。海外で所得が発生した場合、まずはその国での税制に則り、税金を払う必要があります(国によっては非課税です)。カジノで現地通貨を円に換金した際、自動的に差し引きされることもあります。

税金がかかるのはオンラインカジノから海外決済サービスを経由し、個人が所有する銀行口座に送金した金額です。特定の個人に紐づけることができる金融機関の口座は全て税務署の調査対象になり得るので当然ですね。

英国では、オンラインまたはランドカジノで得た勝利金に税金を払う必要はありません。ギャンブル税はカジノ運営者に適用され、総収入の2.5〜40%を支払わなければなりません。

現金が手元にほしいからといって何度も銀行に出金しているとその分だけ課税対象となる金額が増えてしまうので、税金のことを考えるならオンラインカジノのの勝利金はなるべく海外決済サービスに貯めておくことをオススメします。

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

ただし、現地の徴収が行われるのは、スロットマシーンなどに限られるようで、ポーカー、バカラ、ブラックジャックで利益を得た場合は、ほとんど徴収されることはありません。また、現地で税金の徴収が行われた場合には、日本国内で税金を納める必要はありませんが、バカラなどで利益を得た(しかも現地にて課税されていない)場合には、日本で税金の申告が必要です。

負け馬券は経費として認められず、買った分にだけ税金がかかる。
という後味の悪い裁判結果でした。

オンラインギャンブルの勝利金は、スウェーデンでは課税されません。ランドカジノからの勝利金も同様です。国有カジノを運営するカジノ運営者は、利益に対する税金も課せられません。ですが、その他のカジノ運営者の場合には一定の税金があります。

まず、海外のカジノで稼いだお金をなぜ日本で納税しなければいけないのか説明します。日本の課税制度は「全世界課税方式」を採用していて、日本の居住者は海外で稼いだお金を所得として申告し、日本に税金を払わなければなりません。

記録が残る収入は税務調査で簡単に把握されてしまうので、オンラインカジノで税金逃れは考えても時間の無駄だと思ってください。