オンラインカジノ

パラダイスシティはその点もぬかりはありません!

パラダイスシティはその点もぬかりはありません!

家族で旅行した際に気になるのは、子ども向けの設備があるのか、どうか。パラダイスシティはその点もぬかりはありません!

途中にも記しましたが、あまりのその量に、取材中も驚きが止まらず、さらにはカメラの電池が心配になるほど充実しているパラダイスシティ。

カジノがあると聞くと、大人の空間だと想像してしまいますが、実は『パラダイスシティ』は、子育てファミリーにも優しい施設です。子ども用レーンもあるボウリング場、ビリヤード台、ダーツなどの定番ゲームで遊べるほか、飲み物を楽しめるバーが併設された『サファリパーク』や、話題の最新VRなど、さまざまな種類のプレイステーションのゲームで遊べる『プレイステーションゾーン』、地球をコンセプトにした、子どものための特別な空間で、専門ガイドと共に子どもの五感を刺激する体験型のプログラムを楽しめる『キッズゾーン』があります。

カジノやホテル以外にも、『パラダイスシティ』には女子旅から家族旅行まで、どんなスタイルの旅人にもくつろぎの時間を与えてくれる施設が揃っています。

さらにプールサイドには、ミニバーなどを備えたプライベート空間『Cabana(カバナ)』(予約制・有料)があり、仲間同士で優雅なひと時を過ごせます。次のページでは、まだまだ盛りだくさんの『パラダイスシティ』の魅了をさらにお届けします!

初めての韓国で緊張して行きましたが、日本語が話せるスタッフや日本人のスタッフが常駐しており、全て日本語で過ごすことが出来ました。日本語で対応してくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございます!また、色々おススメスポットも教えて下さりありがとうございます!韓国に行きたいけれど、日本語が通じないと不安という友人が何人かいましたが、帰国後早速友人たちにパラダイスシティをお勧めました。このお値段で、見た目も豪華で非日常感を味わえるのはパラダイスシティだけだと思います!インスタ映えのスポットも多く、写真を撮るのが好きな私には、滞在中興奮しっぱなしでした!日本から近いのでまた利用させて頂きます。

プールでたっぷり遊んだ後は、さあ! いよいよカジノへ出陣! 夜はこれから!■3日目パラダイスシティは昼もお楽しみが満載! 仁川国際空港はすぐ目の前、時間を気にせず最後の瞬間までサウナやスパでリラックスして旅の疲れを癒したり、『プレイステーションゾーン』でみんなで最新のVRゲームを楽しんじゃいましょう!2泊3日でここまで楽しめる韓国旅行のプランに『パラダイスシティ』を加えて、気軽に旅立ってみませんか?

夜はインスタ映えバッチリのプールパーティはいかがでしょうか? 夏には楽しいパーティーイベントが開催される日もあるので、まさに『パラダイスシティ』ならではの体験ができます。

『パラダイスシティ』には、小さな子ども連れでも気兼ねなく利用できるファミリーラウンジ、落ち着いた雰囲気のクラブラウンジ、音楽好きにはたまらないロビーラウンジ、雰囲気満点のガーデンカフェなど、タイプが異なる食の空間があるので、用途や目的に応じて選択できます。朝食も提供している『On The Plate』は、世界各国のトレンド料理をビュッフェスタイルで楽しめるとあって、ファミリー旅行や味の好みが異なる3世代旅行者にとくに評判です。このほかにも、イタリアン、日本食、広東料理のレストランがあり、世界各国の美食を堪能できます。

パラダイスシティには最強に映えるスパがあります!それが「シメール」。チェアーもカラフルで可愛い!ここはヨーロッパ調のアクアスパゾーンなのですが、そのほかにもチムジルバンやサウナなど8種類のヒーリング&デトックスルームを備えたチムジルスパゾーンがあります。スタイリッシュな空間で究極のリラックスができる、大人のリゾートです。

『パラダイスシティ』では、アートとエンターテインメントが融合した「アートテインメント」を堪能できます。エンターテインメントの中心がカジノだとすれば、アートの中心となるのが、日本を代表する芸術家・草間彌生さんを始め、世界的に有名な作家の作品100点を含め約2,700点にもおよぶ芸術品です。

仁川国際空港から1km、光明駅から38kmと、交通便利な場所にあります。最寄の主要公共交通機関はパラダイスシティ駅で、当施設から200mです。Masian Beachまで4kmです。

スパやショッピングがあるため女性はもちろん楽しめますが、カジノやレストラン、アミューズメント施設によって男性、そして子どもも楽しめるパラダイスシティ。