オンラインカジノ

釜山 カジノ バカラ

釜山 カジノ バカラ

セブンラックカジノは、韓国・ソウルの江南、江北及び釜山に3店舗を構える人気のランドカジノです。日本にはランドカジノが無いため、多くの日本人観光客がセブンラックカジノのゲームを楽しんでいます。ここではそんな韓国のセブンラックカジノについて、女性や初心者でも楽しめるおすすめの遊び方や人気のゲームなどの情報を取り入れながら説明してみました。韓国に旅行する折は、是非セブンラックカジノを訪れてみて下さい。

タイサイ(大小)は、中国が発祥の地ということもあり、主にアジアのカジノでプレイすることの多いテーブルゲームで、アメリカやヨーロッパでは、シックボー、ビッグ&スモールとも呼ばれています。遊び方は簡単なので、女性や初心者もすぐ参加できます。セブンラックカジノでは、タイサイの台は、江南店に1台、江北店に2台、釜山店に1台備わっています。

セブンラックカジノのバカラは、韓国でも最も人気のゲームで、女性や初心者にもやさしいゲームです。ルールは簡単で、9に最も近い方の人が勝ちとなりますが、実際にやってみると結構奥深いゲームです。セブンラックカジノでは、ブラックジャックの台は、江南店に62台、江北店に35台、釜山店に30台と、圧倒的な台数が備わっています。

「セブンラックカジノ・釜山ロッテ店」は、韓国第2の都市であり毎年国際映画祭が催されている釜山の中心街にあります。釜山ロッテホテルの2階に位置する「セブンラックカジノ・釜山ロッテ店」の店内では、マカオのカジノを連想させる華やかで格調の高いカジノが展開されています。このカジノ店では、スリル感溢れるカジノと共に、世界的にも良く知られている南浦洞や光復洞の劇場で映画鑑賞を楽しんだり、海雲台や広安里の綺麗な海の景色を心行くまで満喫することができます。

韓国・セブンラックカジノは、最大規模の広さを誇る「江南 コエックス店」、ミレニアムソウルヒルトンホテルの1階にある「江北 ミレニアムソウルヒルトン店」、そして釜山一の繁華街にある「釜山ロッテ店」の3店舗を営業しており、どのカジノ店もそれぞれ賑わいを見せる人気店となっています。

クーポンをゲットすることによって、60000ウォン分のゲーム用クーポンやチケットが貰える他にも、「セブンラックカジノメンバーズカード」及び、韓国の交通機関で使用できる「cash be カード」も貰えます。ソウルで交通機関を利用する場合の主流カードは「T-moneyカード」で、「cash be カード」は、釜山の人がよく使っていますが、勿論ソウルでも使用できます。「T-moneyカード」を購入する場合は2500ウォン(250円弱)、「cash be カード」を買う場合は3000ウォンするところを、無料でゲットできるためお得です。

セブンラックカジノのルーレットは、女性や初心者でも大変簡単に、即、プレイできるテーブルゲームです。セブンラックカジノでは、ルーレットの台が、江南店に2台、江北店に3台、釜山店に3台備わっています。

セブンラックカジノのブラックジャックも、女性や初心者にやさしいテーブルゲームです。ブラックジャックは、16世紀後半にヨーロッパの家庭用ゲーム機から発展したゲームで、スペードのエースまたはジャックが出るとボーナスが貰えるというルールがあったことからブラックジャックと名付けられているそうです。セブンラックカジノでは、ブラックジャックの台は、江南店に8台、江北店に6台、釜山店に6台備わっています。

セブンラックカジノには、ハイブリッド電子ゲーム機も備わっています。ハイブリッド電子ゲームは、ゲーム機を使って、バカラやルーレット、タイサイが1人で楽しめるゲーム機です。セブンラックカジノには、ハイブリッド電子ゲーム機が江南店に3機、江北店に2機、釜山店に2機あり、ターミナルがそれぞれのお店に46台、71台、29台設置されています。

2555平米の広さを持つ「セブンラックカジノ・釜山ロッテ店」では、テーブルゲーム用として、バカラ30台、ブラックジャック6台、セブンラックポーカー32台、ルーレット3台、タイサイ1台があります。また、おすすめの電子テーブルゲーム機も、バカラ1機、ルーレット1機及びターミナル29台が備わり、マシンゲームも105台あります。