オンラインカジノ

次は通常のバカラでの検証だ

バカラでなかなか9連敗は難しいでしょう

次は通常のバカラでの検証だ。

バカラは、ルールが単純だからこそ、多くの攻略法が存在します。

一番勝ち易いゲームと思われているのがスロットですが、還元率だけを重視してみていくとそのようになります。還元率も勝つためには確認しておかなければいけない数字ですが、もう一つ覚えておきたいのが「ハウスエッジ」カジノ側の取り分です。実際、プレーヤー達において勝ちやすいゲームは、テーブルゲームと言われています。その中でもバカラとブラックジャックは、勝率を上げることのできるゲームとして知られています。なぜでしょう?

バカラには「罫線」という勝敗の記録方法によって、次の勝負の予想をすることが良く知られている。

他のギャンブルと少し違う賭け方で白熱する上、勝ちやすいゲームの鉄板ともいえるバカラ。バカラでは10の位は切り捨てて数えられ、バンカーとプレーヤのどちらが先に9の数字に近づけるかを競うゲームです。プレーヤーとバンカーの50/50の勝負に賭けるこのゲームの勝率は、ギャンブルの中でも高く、その中でもスーパー6ベットというバンカーの出目が6になることに賭ける方法で、見事にバンカーが6で勝利をあげた場合の配当は12:1となります。バンカーとプレーヤーが引き分け(タイ)になった場合はなんと9倍の配当となります。こればかりでなく、勝ちやすいと言われている理由を論理づけているのが、バカラのハウスエッジ(カジノ側の儲け)です。パチンコのハウスエッジが7〜10%なのに対し、バカラのハウスエッジはたったの1.06%なのです。

方法論をもう一つ。31システム法とよばれているもので、守備力の強い方法となります。この方法は少し複雑ではあるのですが、身に着けるとギャンブルのスキルアップとなりますよ。
まず手持ちの軍資金から31ドルを用意するところから始めます。「31ドルを用意するのですか?中途半端な金額ですね」
このように感じることでしょう。しかし、この31ドルという数字に意味があるのです。
まず用意した31ドルを9回分に分けていくのですが、分け方として最初の3回分を1ドル、次の2回分を2ドル、その次2回分を4ドル、最後の2回分を8ドルとします。そしてベットスタートです。
どこかの回で連勝したら、一旦ベットストップしましょう。
9回勝負したうち、どこかで連勝すれば必ず用意した金額を上回ります。万一9連敗してしまったとしても、用意した金額以上に負けることがありません。
バカラでなかなか9連敗は難しいでしょう。逆に9回勝負したら、どこかで連勝できると思いませんか?

高配当の確率が高いゲームとして人気があるのは、バカラ、ブラックジャックを含むテーブルゲームだと言われています。

ブラックジャックの0.5%未満のハウスエッジ、バカラの1.06%というハウスエッジの低さを利用することで、どんどん勝率が上げていくことが可能となりますので、ぜひ参考にしてください。

まずおすすめしたいのは、10パーセント法とされているものです。この方法は手持ちの軍資金を管理しながら賭けを進めていく方法であり、守備を固めながらギャンブルの波がやってくるのを待ちます。
この方法で考えられるメリットは、1回の勝負で大きく負けてしまうことがないところです。ギャンブルにおきまして、大切なことは軍資金が底をついてしまわないことになります。何回もベットを続けることができますので、やがてバカラの大きな波を感じることになります。自分の軍資金を常にみつめながら、次のベット額を決定していく。まさに徹底した自己管理に基づいたギャンブル、ということになるのです。

逆マーチンゲール法とも言われるバーレー法でも、バカラで稼ぐことが可能です。

じゃあ、今度は通常のバカラで配当が1.95倍でもモンテカルロ法が成立するのかを検証してみよう。

バカラで大勝を目指すには、マネーマネジメントをしっかりとすることで、守備と攻撃のバランスをとることが大変重要です。その上で、勝ちを重ねていく方法を考えるべきでしょう。