オンラインカジノ

仮想通貨 ギャンブル 税金

仮想通貨 ギャンブル 税金

これからも仮想通貨の価値の高騰・下落の可能性はあり(どの通貨にもいえることですが)、数日保持しておくだけで大きく価値が変化するリスクがあります。

|-仮想通貨の儲けに税金はかかる?
仮想通貨の取引で得た儲けには「所得税」がかかります。
どのような形態であれ、個人が得たお金は「所得があった」ことになるため、仮想通貨の儲けに対しても「所得税」という税金がかけられることになるのです。

ビットコインなど仮想通貨は誰でも気軽に始めることのできる取引で、実際に多額の利益を得ている方が多くいらっしゃいます。
しかし仮想通貨初心者が税金について知っておかないと、脱税になってしまう恐れがあります。
そこで今回は、仮想通貨と税金に関する3つの疑問点を解決していきます。

ビットコインカジノは登録後すぐに入金して即プレイすることができます。ビットコインカジノは暗号資産(仮想通貨)の取引所口座(ウォレット)の開設の時点で身分証明が厳重に行われていることが前提にあるので改めて身分証明を行う必要はないという見解です。

ビットコインは「仮想通貨(暗号通貨)」と呼ばれるものの一種で、仮想通貨の中でももっとも古い歴史をもっています。

ここではオンラインカジノは暗号資産(仮想通貨)を使うとネット上のみのやりとりで完結するので相性が抜群であることを解説します。

ビットコイン対応のオンラインカジノは日本国内で運営されていたりサーバーが日本にあると、違法になってしまうので海外のものばかりになります。しかし、日本のビットコイン取引額が多いことを踏まえビットコインカジノは日本語対応しているところも多く、その中でもBitcoin.ioはおすすめです。取引額・使いやすさ・ゲームの数などにおいて暗号資産(仮想通貨)ギャンブル業界トップクラスで、2014年からビットコイン決済に特化して運営されているカジノです。

最近はビットコインよりも技術的に優れた暗号資産(仮想通貨)が多く登場し、ビットコイン以外を決済手段として追加導入するカジノもあります。

また、暗号資産(仮想通貨)をオンラインカジノに利用することを規制する法規制もありません。

|-仮想通貨は何所得に当てはまる?
仮想通貨を換金したり、モノを購入したりした際の「取引価格-仮想通貨の取得価額」は「雑所得」に当てはまります。

BitCasino.ioはビットコインカジノの最古参と言われていて、2014年から暗号資産(仮想通貨)決済に特化して運営されているオランダ政府公認ライセンス取得済みのオンラインカジノです。

また、開業届を提出して本業で仮想通貨取引を行う場合は「事業所得」として確定申告をすることも可能です。
青色申告の承認を得れば青色申告特別控除として65万円を経費にすることができるため、所得税の納税負担が軽くなります。
実態にもよりますが、他に収入の基盤があるようであれば、雑所得とみなされる可能性が高いでしょう。

暗号資産(仮想通貨)カジノは多くがまだビットコインを決済手段のメインとして扱っていますが、イーサリアムのスマートコントラクトの技術を利用しオンラインカジノの運営に適したプラットフォームも開発され公開されています。スケーラビリティ問題などの技術的な問題を抱えるビットコインが決済手段でなければならない理由は保有者が多いこと以外には特にないでしょう。

また、主婦や学生といった無収入の扶養親族が仮想通貨で儲けを得た場合は、住民税の基礎控除額33万円を超えた時点で確定申告が必要であると考えておきましょう。
そして、世帯主の税金負担を軽くするための「配偶者控除」や「配偶者特別控除」、「扶養控除」が受けられなくなり、社会保険の被扶養者から外れる可能性もあります。
具体的にいくら以上の儲けから扶養から外れることになるのかは、個々の事情によって異なります。

まとめ
仮想通貨取引は少額から始められるものも多く、気軽に始めやすいメリットがある一方で、税金に関する知識がないまま始めてしまうと脱税のリスクを伴うデメリットも秘めています。
安心して仮想通貨取引を行うためにも、税理士のサポートを受けることをおすすめしています。
是非お気軽にお問い合わせください。