オンラインカジノ

ビーナスポイント 税金

ビーナスポイント 税金

オンラインカジノで賞金を得たと言っても、全ての人に税金の支払い義務が発生するわけではありません。確定申告が必要になる可能性があるのは、「その年の1月1日~12月31日の間」に「50万円以上の収益を上げた人」のみなので、税金を支払うのが嫌な方はこの利益を計算しておく必要があります。

いかがでしたか? 最後に「オンラインカジノは税金がかかる」ということだけは必ず覚えておくようにしましょう。

まずはオンラインカジノで楽しむこと!税金をのことで頭がいっぱいになり、オンラインカジノが遊べないというのはもったいないです。余計な事に気を取られず、カジノゲームを堪能して下さいね。

また、税金対策のためにあえて50万円を超えない方法(あまり多く賭けない、など)もありますが、それも一時所得のことをよく知らないと50万円超える恐れがあるので、よく理解しときましょう。

オンラインカジノで獲得した賞金が1年間で一定の金額を超えた場合、その賞金は「一時所得」とみなされ税金がかかります。

税金はその年の1月1日から12月31日までの収入に対して課税され、1年間に50万円以上(サラリーマンは70万円以上)稼いだ方は、翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をします。

オンラインカジノで稼いでいる方で気になるのが「税金」についてです。
どうして税金がかかるのか、収めないとどうなってしまうのでしょうか?

オンラインカジノで勝ったお金に税金がかかるとわかったところで、次にその時期や計算方法と会社にバレるのかを説明していきます。

税金対策は課せられる金額を抑えるだけでなく、支出管理をする事も重要です。会社から支給される給与に関しては、会社が代わりに計算してくれていますが、確定申告を自らする場合、支出を把握していなければ申告書を作成する事ができません。

会社に勤めている場合税金などは給料から控除され納税されているため会社にバレてしまうのでは?と思うかもしれませんがオンラインカジノの分をポイントだけ守り自分で行えば問題ありません。