オンラインカジノ

パチンコで儲けたら確定申告しなければならないのは述べました

パチンコで儲けたら確定申告しなければならないのは述べました

一時所得の場合、総収入額(パチンコの勝ち分)から収入を得るために支出した金額(パチンコの負け分)を引いた所得(儲け)が50万円以上になる場合に確定申告をする必要があります。
これは一時所得の特別控除が最高50万円のためで、逆にパチンコの儲けが50万円未満の場合は確定申告の必要がありません。

パチンコの勝ち分をどの所得に分類するかについては、明確な基準が定められていません。競馬など他の娯楽収入が「一時所得」とみなされることから、一時所得と分類されることが多いです。

「パチンコで勝ったけど確定申告しなくてもバレないよね」
「周りも確定申告してないし、確定申告なんて必要ないのでは?」

パチンコで収益をあげている、または生計を立てている「パチプロ」の方には、そのような考えをお持ちの方もいらっしゃるのでは。しかし、確定申告をしなければ、大変なことになるのです。

これは一時所得の特別控除が最高50万円のためで、逆にパチンコの儲けが50万円未満の場合は確定申告の必要がありません。

「パチンコで勝ってても黙っていればバレない」と思っていませんか?

そもそも、パチンコは勝った場合は現金でなく景品と交換するだけなので、「ギャンブルでなく娯楽」という位置付けにあります。しかし実態は、景品を媒介として現金と交換していますよね。

パチンコで儲けたら確定申告しなければならないのは述べました。では、実際にいくら儲けたら確定申告をしなければいけないのでしょうか。

ここまでパチンコで儲けが出たときの税金の支払いについて解説してきましたが、いかがでしたか。

「パチンコはギャンブルだから、勝ちが続いて儲けがでたとしても確定申告は必要がない。」という考え方を持っている人は多いと思います。また、「勝ったか負けたかなどは、証明できないのでバレることはないだろう。」と考えている人もいるでしょう。