オンラインカジノ

貯金の額が多ければ 楽天カード側も安心して審査を通してくれます

次に「楽天カード」の特徴について見ておきましょう

ただし、楽天市場での買い物が「1カ月20,000円」を下回る場合は、年会費無料の①楽天カードを取得される方が断然お得です。楽天ゴールドカードは、家族カードの年会費も500円掛かりますが、①の楽天カードであれば永年無料で使用出来ます。

もう一ランク上の「楽天プレミアムカード」は、年会費が10,000円+税と比較的高額ですが、楽天ゴールドカードは年2,000円+税と「5分の1」の年会費で取得できます。また、楽天ゴールドカード最大の魅力は還元率の大きさにあります。①の楽天カードと比べると「還元率は+1%多い」5%が獲得出来る仕組みです。

 これは、先述したビジネスモデルが関係している。より多くのユーザーにアプローチしてカード発行することで、多くの会員を獲得し、楽天カード事業単体の収益より、「楽天」全体でユーザーを囲い込んで総合的に収益を獲得するビジネスモデルだからだ。主婦やフリーターはもちろん、学生でも発行が可能とされている。また、外国人でも日本在住なら発行できる可能性が高いカードになっている(いずれも会員状況による)。

また、楽天Edyで支払いをすればさらに「200円で1ポイント:が貯まるので、合計計3ポイント分の楽天ポイントが貯められる仕組みです。楽天カードには楽天ポイントカードが付帯できるので、みなさんもより多くの楽天ポイントを獲得してみてください。

楽天カードの審査可決率を上げるには、楽天会員のランクを上げておくことです。実は、楽天カードでは「会員ランク」が高い会員を「楽天市場の優良顧客」と判断し、カード審査を優遇しているとのことです。

楽天カード株式会社が発行するカードには、楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードなど、さまざまな種類のカードが発行されています。

次に「楽天カード」の特徴について見ておきましょう。楽天カードの特徴は、大きく分けて3つあります。

2019年には、カードポイントでカード代金が支払える「ポイントで支払い」サービスがスタートしました! 今、楽天カードに入会すると、審査後「お買い物に使える」楽天ポイントが最大8000P分もらえます。

また、審査結果が残るのは「最長6カ月」とされていますが、速ければ3カ月目前後で消えることもあります。速くカードを申し込みたい方は、前述のCICとJICCで「信用情報の開示請求」を行ってみましょう。楽天カードでの審査結果(否決)が消えていれば、すぐに再申込が行えます。

ちなみに楽天カードの最大利用枠は100万円です。もし、これ以上の利用枠を希望されるのであれば、一段階上の楽天ゴールドカード(最高200万円まで)か、さらに一ランク上の楽天プレミアムカード(最高300万円)を利用しましょう。

楽天カード中でも「限定カード」として、パンダのキャラクターが採用されたカワイイ『楽天お買いものパンダ』カードが発行されています。

最後に『楽天カード』の内容をまとめておきます。

最も重要なのは「貯蓄」の欄です。他行の普通預金、積立預金のほか、自宅にも貯金をしているのなら、全ての貯金を合算し「貯金額」の欄に記入しましょう。貯金の額が多ければ、楽天カード側も安心して審査を通してくれます。

ただし…! 楽天カードは、数あるクレジットカードの中でも「トップクラスに取得しやすいカード」であるのは間違いありません。

①のカードのスペックは、通常の楽天カードと全く同じ。②のピンク色の券面には楽天PINKカードが搭載されています。