オンラインカジノ

海外電子決済サービス「ecoPayz(エコペイズ)」とは?

海外電子決済サービス「ecoPayz(エコペイズ)」とは?

まずはエコペイズの入金手段としてどんな種類があるかと、それぞれの入金手段の特徴やメリットについて解説していきます。

オンラインカジノの入金手段として人気のエコペイズ(ecoPayz)の入金方法や、エコペイズからオンラインカジノに送金する際の手順について解説します。

*このページの上部にも掲載していますが、エコペイズから日本国内の銀行口座へ素早く出金できる新サービスが公開されました。エコカードが使えなくなっても、ユーザの「早く出金したい!」を叶えるサービスとなっています。

エコアカウントへの送金、エコペイズが利用可能なオンラインビジネスへの送金、エコアカウントから銀行口座への出金は引き続き利用できます。

国内の銀行口座へ高速出金!:新たに登場したこのサービスは、日本円で日本の銀行に国内取引として出金できるというサービスです。エコカードでのATM引き出しができなくなってからエコペイズからの出金は国際送金に頼るしかありませんでしたが、『高速ローカル出金』を利用する事で、スピーディーな出金が可能になりました。

速攻で入金できる便利な機能ですが、バウチャー購入→エコペイズへ入金→オンラインカジノへ入金という3つのステップを踏まなくてはいけないので、多少面倒と感じる方もいるかもしれません。

2018年に入りecoPayz-エコペイズ-へギャンブル目的のクレジットカード入金ができなくなり、不便さを感じるユーザーも多かったのですが、間接的ですがクレジットカードを使って入金できるecoVoucher-エコバウチャー-というサービスが新たにはじまりました。

クレジットカードでエコペイズへ入金!:こちらも新登場のサービス、『エコバウチャー(ecoVoucher)』。エコペイズへ直接クレジットカードで入金するのではなく、バウチャーを販売しているサイト(offgamers.com)でまずエコバウチャーを購入する必要があります。エコバウチャーの購入にはVISA, Master, JCBクレジットカード、またPaypalやビットコインも使えます。

エコペイズへの着金は最大1営業日ですが、即時振込対応のネットバックからであれば5分から15分でした。

口座に入っている資金は利用可能なので、エコペイズが利用できるオンラインカジノで遊んで、別の方法で(Venus Point等)で出金する事もできますね。

海外電子決済サービス「ecoPayz(エコペイズ)」とは?

エコペイズ (ecoPayz)はPSI-Pay Ltdが運営するオンライン決済サービスで、Electronic Money Regulations 2011の規制の下、イギリスFinancial Conduct Authorityにより認可を受け、電子マネーの発行を行っています。

エコペイズの登録方法が動画で説明されています。

多くのカジノで利用できて、ATMで口座から資金を引き出せる事で人気があったエコペイズ。便利なエコカードがEEA圏外では使えなくなりました。これにより、日本ではエコカードを使ってエコペイズ口座からATMで直接お金を引き出す事はできなくなりました。

通常は、2,500ユーロ(約32万円)以上エコペイズへ入金し、ブックメーカーへ総額25,000ユーロ(約320万円)を送金しなければゴールド会員にはなれません。