オンラインカジノ

日本円とシンガポールドルへの換金方法は5種類あります

そして夜はシンガポールの夜景を眺めながら ムード満開に

シンガポールでカジノがあるホテルは2018年4月現在で2つ。そのひとつがリゾート・ワールド・セントーサホテルです。

シンガポールのカジノだけでなく、どこでもカジノではディーラーと接触すること=不正行為の疑いとみられます。換金やチップの購入などでも手渡しではなく、テーブルに置いたものをディーラーに取ってもらいましょう。

マリナーズベイ・サンズを語る上で、57階に設けられたインフィニティ・プールを挙げない訳にはいきません!まるで天国かと錯覚するようなプールがもたらしてくれる絶景は、もはやシンガポールのシンボルと化しています。

昼間はまるで青空を泳いでいるような気分に。そして夜はシンガポールの夜景を眺めながら、ムード満開に。高さ200メートルの場所で高層ビルと並ぶように泳げるあの感動は、一生忘れない思い出になること間違いありません。

カジノが初めてという初心者の方へ、まずはシンガポールカジノでプレイできるゲームの種類からご説明します。ゲームは大きく分けて機械相手のスロットマシーンと、対人勝負となるルーレットやバカラなどのテーブルゲームに分けられます。

日本円とシンガポールドルへの換金方法は5種類あります。
①日本の銀行で換金して持っていく
②空港(日本orシンガポール)で両替
③シンガポールの街にある両替商で換金
④ATMでクレジットカードでシンガポールドルを引き出す
⑤カジノで換金
この5種類です。この5種類の中で一番換金レートが高いのが日本での両替です(2018年4月現在)。場合によってはシンガポールで換金するのと10%くらい手数料が割り増しされることになりますのでおすすめしません。

カジノで遊んでいる女性はきちんとドレスアップして・・・というイメージがありますが、シンガポールカジノでは男性と同じくサンダル履きやあまりにもカジュアルな格好でなければ引き止められる事はありません。場の雰囲気も楽しめるようなちょっとおしゃれなワンピースなどが良いでしょう。ミュールはOKです。

日本では国内にカジノを作ることは法律で禁止されています。でも、ディーラーとの駆け引きやカジノの楽しさをテレビや映画などで見て憧れている人も多いでしょう。海外旅行にいったらカジノにいってみたいという人も多いです。シンガポールが初めてのカジノだという人のために、今日はシンガポールカジノについて色々とご説明していきます。初心者で初めてのカジノでも困らないようにお役に立てていただければ幸いです。

シンガポールカジノはカジノ利用者にのみ提供される特典があります。「無料ドリンク」が飲めたり、カジノ内にあるレストランで食事をすることも入場者のみに与えられた特典といえるでしょう。カジノ内のレストランなんて割高なんじゃと思う人もいるでしょうが、これが逆に一般的なお店よりも割安価格で提供されています。カジノで負けてしまったとしても楽しいゲームができて、これらのサービスを受け取ることができるのですから損したという気分になる人はいないでしょう。

シンガポールカジノに入店できる年齢制限は「21歳」となっています。日本だと18歳か20歳といったところですが、カジノは21歳というところも多くありますので注意が必要です。「自分は20歳だけど大人びているから大丈夫だろう」なんて入ろうとすると、パスポートの提示を求められるのですぐ本当の年齢がバレてしまいますよ。

カジノにはチップの交換所があります。十分遊んでチップが余ったとき、大勝ちして掛け金が何倍にもなって満足したときなどは、交換所でチップを交換してカジノを後にしましょう。チップのまま持っていてもシンガポールの街では使うことができないからです。

前回までのおさらいシンガポール旅行もついに最終日を迎え、セントーサ島を思う存分楽しんだ一行。遅めの昼飯を済ませ、ついに最終決戦カジノへ繰り出す。

カジノのドレスコードは国により厳しかったり緩かったりと種類が様々です。カジノが初めてという初心者の人が一番困るところではないでしょうか。意気込んででかけたけれど門前払いという事にならないよう、シンガポールカジノのドレスコードを知っておきましょう。シンガポールカジノのドレスコードはそれほど厳しくありませんがあまりにもラフな格好だと入店を断られてしまうことも。

結局僕は、シンガポールでは3万負けて、マカオでは3万→1万→4万→3万2千だったので全然勝ててません(笑)だけどマカオでは2千円増やしてトータル5時間くらい楽しみました。旅行のカジノとしてはこれで成功だと思います。せっかくカジノ合法な海外に行くんだから、ぜひぜひチャレンジしてください!おすすめはミニマムベッドが低いシンガポールでルーレット!長く楽しめます。

2016年の夏に、ANAの旅作という、航空券とホテルのパッケージになっている旅行商品でバグ運賃があり、ビジネスクラス利用、現地2泊で1人あたり9万円という衝撃的な料金だったため、7月の海の日を含む3連休でシンガポールに行ってきました。