オンラインカジノ

ラスベガスは年間約1兆円で世界2位に降格しています

ラスベガスの歴史を語る上でも カジノは重要なキーワードです

スロットにはいろんなマシンがありますが、どれで遊ぶか迷ったときはメガバックスを選ぶのがおすすめ。カジノ史上最高額のジャックポットを誇るラスベガスで最も有名なスロットです。ラスベガス中のマシンが繋がっていて、みんなの賭け金がプールしていく仕組みなので、当たった時は高額当選となる代物。

ラスベガスのカジノで写真撮影とともに禁止されているのが、ディーラーの後ろに立つ行為です。観光気分でカジノに遊びに行ったときは、ゲームに強いディーラーがどのようなプレイングをするか気になるとは思いますが、マナー違反はしないように。

かつては“東洋のラスベガス”といわれたマカオですが、カジノの収益は年間約4兆円で圧倒的に世界1位。ラスベガスは年間約1兆円で世界2位に降格しています。ラスベガスはカジノ以外の要素、たとえば、ショーやレストランなどに力を入れているため、いまや“カジノ天国”というよりも“総合複合施設”へと路線変更しているのです。

ホテルのカジノは基本的に24時間営業で、ホテルの宿泊客だけではなくビジターも歓迎。市内観光をするぐらいの気持ちでホテルのカジノに足を運ぶのがラスベガスの遊び方です。

ラスベガスといえばカジノの街。ラスベガスの歴史を語る上でも、カジノは重要なキーワードです。少し怖いイメージを抱く人もいるかもしれませんが、節度を守って遊べばとっても楽しめる場所ですよ。

フリーモントストリートは、ラスベガスの行政の中心でもあるダウンタウン周辺にある通り。有名な天井イルミネーションのショーは、アーケード部分の天井全体を覆い尽くす電飾のスクリーンに映し出されます。

ラスベガスはカジノの聖地、訪れたら是非ともカジノの雰囲気を味わいましょう。大金をゲットしようと意気込んで遊ぶよりも、あらかじめ予算を決めて、その範囲の中でいろんなゲームを楽しむのがおすすめですよ。

ラスベガスの観光スポットとしてアイコンになっているストラトスフィアタワーは、ホテルとカジノが併設された高さ350mのタワー。

ラスベガスのカジノで1,200ドル以上の高額当選をした場合は、30%の税金を支払う必要があります。配当金の受け取りに渡される小切手には税金が引かれた金額が書かれています。

ベラージオホテルは目の前でおこなわれる噴水ショーが有名なラスベガスの最高級ホテル。ラスベガスのアイコン的存在のホテルで、映画「オーシャンズ11」の舞台としても知られ、観光名所でもあるホテルになっています。

この場合、ラスベガスのカジノでは税金が必要になります。

フラミンゴホテルは、1946年に作られたラスベガスの歴史の始まりと呼べるホテル。

ラスベガスのカジノにはドレスコードはありません。服装は自由で、Tシャツにサンダルでも出入り可能です。これはどんな高級なホテルに併設されたカジノでも同様!フランクなノリで遊べるので、緊張する必要はありません。

ラスベガスでカジノの雰囲気を味わうのであれば1万円もあれば十分!ミニマムベットの金額が低いテーブルを狙って、いろんなゲームを楽しむのがおすすめです。

ラスベガスではカジノ付きのホテルが主流ですが、中にはゆっくり過ごせる様にあえてカジノエリアを設けないホテルも人気があります。いずれも喧騒とは離れたラグジュアリーなホテル。