オンラインカジノ

マカオスロット 2019

マカオスロット 2019

習近平・国家主席の演説は、「一国二制度」など政治面が主体で、当初予想されたマカオの経済発展に関する新政策に関する具体的な提示はなかった。また、カジノIR産業に関する言及もなかった。

12月10日、三菱重工業は、グループの三菱重工エンジニアリングが、マカオ政府に、LRT向け全自動無人運転車両システム(Automated Guideway Transit:AGT)の建設工事を完成させ、9月にマカオ政府に引き渡したと発表。

コタイ地区では、2007年8月のThe Venetian Macao開業から2018年2月のMGM Cotaiまで、10の大型IRが開業した。

最初に結論を申し上げると、マカオではゲーミング売上の5%にすぎないスロットマシンが、現在のラスベガスの稼ぎ頭となっています。

4Qの構成比は、VIP部門45%、マス部門55%。中国政府の反腐敗対策以前の2013年の構成比は、VIPが66%、マスが34%であった。
政府の方針や各種規制に加え、中国経済の先行き不安などが、VIP部門への影響を強めていると考えられる。

ネバダ計 ストリップ ダウンタウン 2018年 65% 50% 69% 2017年 64% 50% 68% 2016年 64% 49% 71% 2015年 63% 48% 72% 2014年 62% 46% 73% 2013年 61% 45% 75% 2012年 63% 47% 77%スロットマシンの比率は、ここ数年頭打ちとなっていますが、依然ダウンタウンを中心に高い人気を誇っています。富裕層やVIPの多いストリップで5割、ダウンタウンで7割と、ラスベガスにおける1番人気のゲームはスロットマシンといっても過言ではありません。

12月は、2016年3月以来の前年同月比2ケタ%減となった。1月から11月まで、各月とも同1ケタ%の増減であった。

パチンコ・パチスロ店を運営するダイナム・ジャパン・ホールディングスが、シンガポールを拠点にするスロットマシン開発会社のWEIKE GAMING TECHNOLOFY (S) PTE. LTD.と共同で開発した3機種のビデオスロット機をマカオのレジェンド・パレス・カジノに設置したことを発表した。

港珠澳大橋の開通まで、香港-マカオ間の移動は、実際上、海路(高速フェリー:海上の移動時間は1時間強)に限定された。

図表の通り、マカオでは、6社(中国系3社、米国系3社)がゲーミング・コンセッション(サブ・コンセッションを含む)を所有しており、すべて2022年6月26日に満期を迎える。

2019年12月末のカジノ施設数およびデバイス供給量は、施設数41(前年同期末41)、テーブル数6,739台(同6,588台)、スロット数17,009台(同16,059台)。

今では、世界中のほとんどのカジノで、フロアの一角に怪しく照明を光らせながらマシーンが林立している様子を見ることができます。大型カジノはフロア面積が広大で、千台を超えるスロットがずらっと立ち並ぶ姿は圧巻。例えばマカオのベネチアンには4200台のスロットがあります。

1月1日、マカオのゲーミング規制当局(Gaming Inspection and Coordination Bureau, DICJ)は、12月のカジノ市場(GGR, Gross Gaming Revenue)を発表。

12月20日、習近平・国家主席は、マカオ返還20周年記念式典、新マカオ行政長官就任式典に出席し、演説を行った。

1月15日、マカオ政府観光局(Macao Government Tourism Office)は、年次プレスカンファレンスを開催し、観光産業政策の2019年レビュー、2020年の目標などを発表。