オンラインカジノ

ハイビスカスドリーム

ハイビスカスドリーム

癒しの沖縄風”治療室”
Hibiscus Room(ハイビスカスルーム)
沖縄をイメージした治療室でリラックスしながら治療をうけましょう。予防先進国フィンランド風”予防室”
Aurora Room(オーロラルーム)
当院の予防室は、予防先進国フィンランドのオーロラが美しい個室になっています。フィンランドの空を見ながらお口の中をスッキリさせましょう。

ハイビスカスの品種改良は20世紀初頭にハワイの農業試験場で始まったとされています。当初はハワイに自生する種類同士を交配させていたようです。これらの花は全体的に小さく素朴なものが多く、原種ならではの野性味にあふれています。その代表ともいえるのがヒビスクス・アーノッティアヌス、ヒビスクス・コキオです。その後、花粉親としてブッソウゲやフウリンブッソウゲなどが導入され品種改良に大きな役割を果たしたと言われています。

ハイビスカスの種類の中で交配された年代が古く、ハワイアンタイプの母体となった品種の総称です。中輪や小輪のものが多く、色彩の変化には乏しい傾向がありますが、生育が旺盛で多花性、花色は赤、ピンク、黄、クリームなどですっきり咲くのが魅力です。葉は切れ込みの深いものが多く、枝は細く良く伸びます。

ハイビスカスの園芸種は世界で、5000種を超えると言われています。多くはハワイ(他 フロリダ、オーストラリア等)で作出され、最初の交配記録は1872年と言われています。園芸種はハワイアンタイプ、コーラルタイプ、オールドタイプの3つのタイプに分かれます。