オンラインカジノ

ダランベール法は負けるとベット額が増えます

ダランベール法は負けるとベット額が増えます

『ピラミッド法(ダランベール法)』は、ルーレットの赤黒や、バカラなど、勝率約50%で配当が2倍のゲームでプレーする。

ブラックジャックはカードの状況によって勝率が変動します。 ベーシックストラテジーにおけるダブルは有利な時に大きく賭けて大きな払戻しを得ることで、不利な状況で負けが続いた時の損失をカバーしようという狙いもあります。 払戻しが大きくなる場合もあるブラックジャックはダランベール法と相性が良いのではないでしょうか。

ではダランベール法のメリット・デメリットをみていきましょう。

カジノ攻略法の一つ『ピラミッド法(ダランベール法)』をディーラー目線で解説してみる。

堅実な投資法「ピラミッド法(ダランベール法)」。

ダランベール法は負けるとベット額が増えます。 これはマーチンゲール法やココモ法と同じで、負けた時の損失を取り戻すことに焦点を置いたベット方法です。 負けるとベット額が2倍ずつ増加するマーチンゲール法と比較して、ベット額の増加が緩やかです。 そして、勝つことでベット額が減少するため、勝ちが続いている状況では負けによるリスクを減らせるという利点があります。