オンラインカジノ

カジノでかかる税金には大きく分けて2種類あります

カジノでかかる税金には大きく分けて2種類あります

つまり、年に1回カジノに行くか行かないかの人で、勝ち金が50万円未満であれば特別控除額により申告の必要はありません。もし1年で50万円以上の収益をカジノで上げている場合、サラリーマンなら源泉徴収などから超過した金額を確定申告する必要があり、個人事業主なら事業所得に合算して確定申告する必要があります。

それでは実際にカジノで200万円勝ったことを想定し、一時所得がどのくらいの額になるのかケース別に計算していきたいと思います。ただし、今回はマカオでの例とし、マカオで払う税金は出国前に全て支払っているものとして進めていきます。

カジノで得た利益は一時所得(非日常的なラッキー所得)として扱われます。一時所得は特別控除額の上限である50万円を超えた場合、課税対象となります。支払うべき税金を算出し、必要書類をそろえて忘れずに確定申告をしましょう。ちなみに宝くじ以外のギャンブルも同様に一時所得として扱われるので、50万円以上の利益が出た場合は確定申告が必要となります。

カジノでは、客の現金と、現金の代わりにゲームで使う「チップ」の交換が頻繁に行われる。犯罪で得た「汚れたお金」の出所を分からなくする資金洗浄も心配されている。

オンラインカジノは気軽に好きな時間と場所でカジノゲームを楽しめ、勝てば実際に配当金を獲得できるだけでなく、他の国内公営ギャンブルと比較して還元率がとても高いことも特徴です。オンラインカジノでは還元率とあわせて「ペイアウト(払い戻し金)率」という用語も使われています。

インターネット上で、賭けを楽しむことができるオンラインカジノは、気軽に遊ぶことができるので、多くの方が利用しています。そんなオンラインカジノですが、賭けに勝ったお金には税金がかかるのでしょうか。

カジノで1000万円の過去一勝利?ドラマのような奇跡起きまくり??

国会審議で、国は一般論として、ギャンブルで得た利益は「一時所得」として所得税が課税されるという見解を示している。外国人観光客が日本のカジノで勝った場合は、国籍によって扱いが異なることになるかもしれない。

カジノで大勝ちした場合、税金がかかります。カジノでかかる税金には大きく分けて2種類あります。1つは大勝ちしたカジノがある国に支払う、ギャンブルの収益に対する税金。もう1つは帰国した際に得た収益を申告し、自国に収める税金です。後者の税金は国によって課せられる国と課せられない国があり、残念ながら日本は課せられる国に分類されます。

確定申告する金額についても、勝った時の支出金額しか計上されないなど、オンラインカジノで得た収益の計算方法を理解しておくことが重要なので、確定申告について意識しておきましょう。

日本は123カ国・地域(今年3月現在)に適用される租税条約を結んでいる。国税庁によると、欧米や韓国、経済協力開発機構(OECD)加盟国をはじめとする多くの国々との条約では、カジノで手にした利益について、「居住地国課税」としている。このため日本の税務当局は課税できず、それぞれの居住地国でのみ課税されることになる。

カジノでどれくらいの利益を得たら税金が課せられるかは、国によって異なります。例えばカジノで有名なマカオならば50万円以上、アメリカならば1200ドル以上の利益が出た場合です。基本的には獲得した収益金から税金分が引かれた額が支払われ、税金を納めたという証明書がカジノ側から発行されます。出国の際に税関でこの証明書を見せることで問題なく出国することが出来ます。

しかし、税金は日本だけに払えばよいかと言うと、そうはいきません。海外で所得が発生した場合、まずはその国での税制に則り、税金を払う必要があります(国によっては非課税です)。カジノで現地通貨を円に換金した際、自動的に差し引きされることもあります。

まず、海外のカジノで稼いだお金をなぜ日本で納税しなければいけないのか説明します。日本の課税制度は「全世界課税方式」を採用していて、日本の居住者は海外で稼いだお金を所得として申告し、日本に税金を払わなければなりません。

オンラインカジノで稼いだお金は法律的に「一時所得」としてみなされ、課税対象になるのです!オンラインカジノで税金が発生するタイミングは、「カジノゲームで収入を得たとき」で、「懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金」に部類されます。税務署側がお金の流れを容易に把握できるため、納税しなければ追及されてしまいますので、しっかりと納税しましょう。